スタッフブログ

10月1日は「写真集を贈る日」。

2011.09.21 東京支社 森

もっと身近に、もっと気軽に写真集を見てほしいと願う出版社が集まり、「写真集を贈る日」を始めることになりました。参加版元は、青幻舎のほかに、赤々舎、ナナロク社、ピエブックス、フォイル、マッチアンドカンパニー、リトルモアの7社です。

世界で初めて写真集を作ったイギリスのウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボットが写真に出会ったのは、1833年10月の初めのことでした。その秋の日があったからこそ、180年後に生きるわたしたちが写真集を愉しむことが出来ているという事実に感謝し、10月1日を「写真集を贈る日」と定め、活動して行きたいと考えています。
書店さんでのフェアだけでなく、池袋コミュニティ・カレッジでの連続講座「写真家・デザイナー・編集者による写真集編集会議」の開催など、”写真集”をもっと知ってもらい、もっと身近に感じてもらえるよう、活動中です

 丸善&ジュンク堂梅田店、ジュンク堂福岡店、リブロ池袋本店ではすでに各社のおすすめが揃った「写真集を贈る日」フェアが開催中です。今後も都内を中心に随時フェアを開催していきます。どれひとつ同じラインナップではありませんので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

この試みは今年の10月1日以降も継続し、毎年行っていきたいと思っています。こちらやツイッターでも随時お知らせしていきます。

ツイッターアカウントも作りました。写真集を贈った、贈られたエピソードなどがありましたら、ぜひ教えてください。
書店フェア、イベント情報など最新情報もこちらから→
@photobook_gift http://twitter.com/#!/photobook_gift

↑TOPへ戻る