Amazon.co.jp ウィジェット
文芸・評論(文芸・評論・随筆・ノンフィクション)

永井陽子全歌集

現代短歌に独自の輝かしい足跡を残した永井陽子、待望の全歌集。瑞々しい叙情を遂げた伝説の初期歌篇や、豊かな音楽性とイメージの結実を見た『ふしぎな楽器』、『モーツァルトの電話帳』。第六回河野愛子賞受賞作『てまり唄』。そして遺歌集となった『小さなヴァイオリンが欲しくて』など、全七歌集を収録。年譜索引等も完備。
帯文/岡井隆
解題/藤原龍一郎

永井陽子全歌集

□ 判型:A5判
□ 総頁:743頁
□上製
□ ISBN 4-86152-021-5

定価:6,000円+消費税
アマゾンで購入する

書 評

「あはれしづかな東洋の春ガリレオの望遠鏡にはなびらながれ」と歌つた、その「望遠鏡」にうつつたものを歌ひ続けた。世界への軽妙で辛辣な布石があつた。心の底に立ちこめる憂愁の霧が濃かつた。新しい地平をひらいて、わたしたちを慰撫してやまない歌のかずかず。たくさんの愛誦歌を遺して逝つた異才の全ての歌の集成である。

― 岡井隆(帯文より)

↑TOPへ戻る