Amazon.co.jp ウィジェット
デザイン(デザイン・ファッション、色、染織)

グリコのおもちゃ箱 加藤裕三

「思わず触ってみたくなるおもちゃをつくりたい」

誰もが一度は遊んだことのある、手のひらにも満たない小さな樹脂製のおもちゃたち。
動物、自動車など、丸みを帯びたユニークな造形が愛らしさを誘います。
80年代後半から90年代にかけて生み出された「グリコのおまけ」170点を収載し、ラフスケッチや原型となる木型の写真など、制作の秘密を紹介。
2002年に発売好評を博した同タイトルの新装版です。

グリコのおもちゃの試作品は木を削ってつくったものです。
粘土ではない木を削りだしてつくるからこそできるフォルムがある訳です。
それをもとに何十万個もの樹脂のおもちゃが出来上がる訳ですが、その形に木から削りだしたという記憶を残すことはとても大切なことだと思うんです。

― 加藤裕三

グリコのおもちゃ箱  加藤裕三

□ 判型:16cm×16cm
□ 総頁:124頁 
□ 並製
□ ISBN 4-86152-026-6

定価:2,000円+消費税
在庫切れです。
アマゾンで購入する

書 評

1990年代は情報時代といわれながら、半面で加藤裕三的なおもちゃの時代でもあった。
その集大成がここに見られる。
遊びということが元来もっていた五感へのつながりを、もういちど確認できる。
21世紀を充実した遊びの世紀とするためにも。

― 荒又宏「小さな立体物の教え」より

↑TOPへ戻る