Amazon.co.jp ウィジェット
ビジュアル文庫

印半纏 岩田アキラ

日本人の心を浮き立たせる祭の華、それは粋でいなせな印半纏(しるしばんてん)と手ぬぐいの鉢巻姿。江戸庶民がつくりあげた文様が見事にアレンジされ、町内の地名や連の名が誇らしげに踊ります。
もちろん、火事と喧嘩は江戸の華。「いろは48組」に始まる町火消しのシンボルとしても威風溢れる印半纏を忘れることはできません。さらには、様々な職人が仕事師としての自負を込めたのも印半纏。
本書には、長年、江戸の祭を追い求めてきた写真家、岩田アキラ氏の写真により、東京三大祭(三社祭、神田祭、下谷神社祭)を中心に、印半纏の貴重資料約500点を収載。江戸文化の洗練と心意気を臨場感たっぷりに構成しました。

印半纏 岩田アキラ

□ 判型:B6判
□ 総頁:256頁
□ ISBN 4-86152-057-6

定価:1,200円+消費税
アマゾンで購入する

↑TOPへ戻る