Amazon.co.jp ウィジェット
ビジュアル文庫

染と織の文様 城一夫解説

桃山時代以降、辻が花染、茶屋染、更紗など、様々な技法が生まれ、さらに江戸時代には友禅染をはじめとして、染織による文様表現は飛躍的な発展を遂げました。本書には江戸から大正にかけての着物文様250点を集成し、日本の染織文化の粋を色鮮やかに繰り広げます。染織大鑑(木版多色刷・大正3年刊)の新装復刻版。
解説:城一夫(共立女子大学教授)

染と織の文様 城一夫解説

□ 判型:B6
□ 総頁:256頁
□ ISBN 4-86152-060-6

定価:1,200円+消費税
在庫切れです。
アマゾンで購入する

↑TOPへ戻る