Amazon.co.jp ウィジェット
ビジュアル文庫

江戸千代紙 いせ辰解説

千代紙は、江戸の錦絵屋が、和紙に様々な文様を木版色刷りにし出したことに始まります。その図案は当初浮世絵師が描きましたが、桜あり、紅葉あり、牡丹、七夕、秋草、雪の結晶など、四季が匂いたつ斬新な美しさに彩られています。一方で、江戸の庶民の暮らしから生まれた遊び心あふれる文様もあますところなく描かれています。本書は老舗「いせ辰」の解説をもとに、文様の宝庫、江戸千代紙の秘蔵資料を豊富に収載しています。後に海外でも絶賛された名品から、懐かしい佳品まで。その優れた装飾性と江戸の風流をぜひご覧ください。

江戸千代紙 いせ辰解説

□ 判型:A6判
□ 総頁:256頁
□ ISBN 4-916094-62-X

定価:1,200円+消費税
アマゾンで購入する

↑TOPへ戻る