Amazon.co.jp ウィジェット
絵画(日本絵画、美人画、西洋絵画、素描・版画)

上村松園画集 平野重光監修

至高の美人画-その誕生の軌跡

明治8年、京都に生まれた松園は、気品に満ちた美人画を描き続け、
昭和23年、女性初の文化勲章を受賞しました。
格調高い美人画は、日本画壇史に燦然たる光芒を放ち、
その清楚にして典雅な絵画世界は、今日もなお、
多くの人々に深い感銘を与えています。
本書では、代表作を全国に取材し、松園芸術の軌跡を辿ります。

監修:平野重光
序文:上村敦之
解説:鬼頭美奈子、青山訓子
寄稿:志村ふくみ、杉本秀太郎

上村松園画集
平野重光監修

□ 判型:A4判
□ 総頁:160頁
□ 並製
□ ISBN 978-4-86152-177-5

定価:3,800円+消費税
アマゾンで購入する

書 評

松園の母

二十年ほど前、上村松園について書いたことがあって、その頃私は、「夕暮」が好きだった。『もう一寸、ほんのこれだけ縫うたらしまひのんやよって、ほんに陽のめの昏うなった…』(青眉抄)
御針をする母の後にちょこんとひかえて母の仕事の終わるのを待つ少女、松園がこの絵にかさなって見える。質素な一風淡茶色の無地の着物、淡緑の格子の帯、御針道具と、細めにあけた障子、黄昏の外光の中に針のめどに糸をとおす遥かな目ざし、聡明な意思の宿るその眼は母をとおして松園の眼だ。母は松園の芸術を愛し、守ってくれる唯一の人だった。その面影は松園にとって菩薩様のようだ、と昔私は書いている。私もまた心から仕事を応援してくれる母をその頃失っていたせいか、とくにこの夕暮の母が好きだった。
その頃からはるか時を経て、再び松園の画集の前にいる。何かが違ってみえる。それは当然のことではあるが、松園の仕事全体から大きく浮び上がってくるものは、日本のその頃に生きた人々、女性の姿である。何という奥床しさだろう。深く深く心のうちに浸み入る床しさ、言葉にもならないほど慕わしい人々。わが母、祖母、明治生れの家庭の奥深くにひっそり暮した人々の絹ずれの音、囁き合う可憐な会話、すこしみだれた裾のすきまにみえる白い足、小さくてぺたんとした足のうらまで可愛らしい。真赤な蹴出しも羅ものに透けてみえる白地に赤の長襦袢も、そういえば見たことがある。紫に萩の帯、黒地の桜模様など母の箪笥の中にみえた。櫛、こうがい笄も刺繍の半襟も次々に目に浮ぶ。みんなどこへ行ってしまったのか、松園の女性の内奥にみんなしまわれてしまったのか、どんなに豊かに繊細に衣装は整えられていたのだろう。時がゆったりと、静かに過ぎる中で女性達もそのリズムで花見に、紅葉狩りに、装いをこらして出かけたのだろう。その昔を現代と比較して嘆くのは止そう。
松園という人が画きのこしてくれたこれ等の女性は、まぎれもなく我々の母であり、祖母なのである。血はあきらかに流れ、脈打って娘、孫に伝っている。何と床しい日本の女性だろう、と深く心に刻んでいよう。
このたび私が真新しくも目に焼きついたのは、「母子」(昭和九年)の姿である。なぜ気付かなかったのだろう。何ども何どもこの絵をみて、展覧会場でこの絵はがきを買っているのに、最も心ひかれる絵だと思っていたのに、実は何も見ていなかった。
中国風の斑竹の優雅な簾の影から忽然とあらわれた母と子、何かこの世のものではない精霊のようにさえ思われる。一刷の紅の影もない白い肌、青眉とお歯黒、乳くさい児を抱いている母親とは思われない清艶さである。
松園は、松篁という優れた画家を産み育てたまぎれもない母親であるが、これほど幽玄な母子を出現させていることにはっと驚くのだ。母が子を担うその血の匂い、濁り、執着はどこへ行ってしまったのか、非日常のきれいごとでは絶対にすまされない母子の、これはまさしく磨ぎすまされた一瞬の幻であろうか。ダヴィンチやラファエロの聖母子ともちがう、さらさらと竹林の中を小走りにかけ去ってゆく後姿をみやるような思いでこの絵に見入る。
松園の女像をみると必ずどの絵にも襟の奥、袖口、振り袖などから紅がこぼれていて地味な着物ほど妙に生めかしい。ところがこの母子には全く紅がない。むしろ紅を許さない。松園は母と子の断面に決して紅を許さないのではないか。まして母と息子、それが松園の禁色であったのではないだろうか。マリヤとキリストの中にもそれはあったに違いない。息子こそ永遠に母のものだと。
松園が生きた道、画業を、若い頃からずっと慕わしく思いつづけてきた。私は、今こうして松園より更に年をとって自分の人生にかさねてふりかえってみると、その一歩々々の純度、揺ぎない仕事への愛情に胸打たれる。
糸にたとえれば、その繭の質のよさ、撚り、練りにもすべてが損なわれることなく、ふっくらと見事に仕上っている資質に対して、精進、精進こそが一本の道になって続いていた。青磁いろに紅解け鼠の縞。うす紫の半襟に黒の帯、松園の自作解説によれば、『明治初期頃の京の町の中京辺の良家の御寮人というような風俗で母子の情趣を描いてみたいと思いました。髪を両輪に結び、髷を包んでいるのは当時の風俗の一つでした。
それはきゃらの油で結うたので髷にほこりなぞのかからぬように大切にする為でもありましたが一寸なかなか風情のあるものでした。これは私の幼い頃によく見たものでした。人物の着色はなるべく単純にしまして、後の斑竹の簾の方にむしろやさしい美しさを出してみました。』とある。この年の二月大切な母を亡くした松園が、母への追慕の気持をこめて描いたものであるという。

ー 志村ふくみ(人間国宝・染織作家)

妣(はは)たちの国

遠い日の読書の記憶なので、このとおりであったかどうか、たしかめようとあちこち捜すうちに幾日もすぎてしまったが、上村松園と同じ明治八年生まれの柳田国男の山なす著作のどこかで、次のような一節に出会ったことがある。明治の世になり、地方から上京して苦学力行、蛍雪の志を曲げなかったあの頃の青年たちの多くをひそかに支えていたのは、暗い行灯(あんどん)、ランプの灯かげでせっせと縫物をしている故郷の老母の俤であった、と。
松園が昭和十六年、六十五歳で描いた「夕暮」は、画集を開いてこれを見るごとに、目の奥が打ちしめり、吐く息吸う息のリズムが少し乱れてくるのをどう仕様もない絵である。少くとも昭和一ケタ生まれの私の世代までは、大方の人が「夕暮」を見て同じ反応を自覚することであろう。いま、大方の人と書いたが、これには修正を要する。たとえば地形学というものでは、盆地なら盆地という地形一般の成り立ち、特徴を説明したのちに、京都盆地、会津盆津といった一地域の地形を地誌として説明する手順を踏むのと同様に、縫針を縫糸をあやつっての女の針仕事を日常の暮らしで見なれている世の中に生まれ育った人が、ここでいう大方の人一般であり、これを一般地形学の対象になぞられるとすれば、松園の「夕暮」は地形の地域差を取り上げ、地形区を設定し、これを説明する地誌であり、地誌をすらすら読めるのは、その地に住むことやや久しく、山、川の名はもとより弁まえ、山、川の形状をすぐに思い描ける人であろう。
この喩えがまちがっていなければ、「夕暮」を見て胸に迫るものをおぼえるのは、ある時代、ある時期に京都に生まれ育ったところの「大方の人」ということになる。要するに、「夕暮」も、これにまさるとも劣らぬ「晴日」および「晩秋」、この三つ組あるいは三幅対ともいえる松園の三大傑作には、まぎれもない京おんなの日常生活の一齣(こま)が描かれている。その日常生活は、一年十二ヶ月、春、夏、秋、冬の四季、それぞれの月、それぞれの季の朝、昼、晩の気温、温度、太陽の位置、月の満ち欠け、風向き、空気の肌ざわり、そしてこういう自然界の変化に応じて変化する物の色と匂いをこめて、ひと時として同じ条件のもとで営まれることはない。加えて、生あるものはすべて一日生きれば一日老いる運命をまぬがれない。去年と今年の同月同日、同時刻に、同じいのちの形を見せるものはない。
松園は京都の市(まち)なか、中学、下京の婦女の日常をえがくにあたっては、こういう条件のすべてをあたまに収め、画中に取りこむべき物の、形の対応、色彩の映発を計り尽くして構図を決めたとおぼしい。こうして絵となったのは、京おんなという生きものの一瞬の姿であった。他の一瞬ではなくその一瞬をえらんだのは、松園の俊敏な、利発な心の働きなのは勿論だが、心の動きにぴったりと息の合うまでに鍛えられて冴(さ)え返っている技芸がこれに伴っていなければ、絵は不首尾におわっただろう。
「夕暮」のような格別に上首尾な絵は、たちまち地誌の一景をこえて、いのちの形というものに届いていた。そうなるとこの絵に感応する人が特定の「大方の人」、限定付きの京都人という埒(らち)をこえた一般普通のなかに広がっていっても、不思議は少しもないだろう。ある人が、京生まれ京育ちの京おとこの目に松園画中の京おんなはどのように映じるか聞きたいといった。答えるつもりの一文なのだが、ここまでで答えになっているのか、いないのか、私当人にはよくわからない。
松園は特定の婦人の肖像画というものを一度も描いていない。「月蝕の宵」のために九条武子をモデルに写生をかさねていながら、仕上げの絵にモデルの俤は少しも残っていない。画中の姿かたちはどれを見ても松園タイプに仕上り、面高(おもだか)な瓜ざね顔に口許つつましく、眉は三日月、あごに愛嬌があり、匂い立つ襟足、立ち姿はすらりとして、白魚のようなゆび、素足の爪先はしずかにたわんで長く、難のつけにくい婦女が、いつも結ったばかりの髪に櫛笄(こうがい)を挿し、とっておきの似合いの和装でそのときその場の仕草を見せている。十六、七の娘から三十半ばあたりまでの、生活のよごれを全く身におびず、芥子(けし)粒ほどの心労のたねも宿さぬこの婦女たちには、色恋ゆえの表情、艶態は、想像だにけがらわしいと、つい思わせるような清らかなものがそなわっている。フラ・アンジェリコの聖少女も、ここまで清浄ではない。なるほど、めずらしい例として、鏑木清方は称賛してやまなかった「娘深雪」のような絵はあるが、それとも『古今和歌集』の「恋の部」の「恋歌一」の二首目、素性法師の歌の心留まりである、
音にのみきくのしら露夜はおきて昼は思ひにあへずけぬべし
あのなまめかしいところのある「待月」と題された二点(一つは大正十五年、一つは昭和十九年)でさえ、その心は、逢ってのちの心の乱れがあらわれる「恋歌二」以下に対応するものではない。
この京おんなたちは、松園の望みどおりの京の市(まち)住みの娘たち、若嫁たちであったからには、明治、大正の世のたしなみとして幼いときから琴三味線を習っていたはずで、琴唄、端唄にひっきりなしの閨怨の詞章をたっぷりそらんじていただろうに、彼女たちはそういう気配をおくびにも出さない。
当り前な京おとこからすれば、彼女たちは品が良すぎて、身ごなしに寸分の隙もないのでは、大いに気おくれがする相手である。
だが、母としてなら、どうか。ゲーテのファウストがこがれた「永遠に女性的なるもの」「妣(はは)たちの国」を私は松園画中の京おんなに見届けようとしているのだと、少し恥じらいながら告白しておこうか(「妣」は亡き母または祖母のこと)。「夕暮」「晴日」「晩秋」をながめていると、幼少の頃にも、青年時代にも、何気なく目にしていた妣たちの日常がよみがえる。そして、わが手を見つめて私はつぶやく、思う人のまぼろしを前に、ヴェルレーヌの つぶやいた一言を――Qu'as-tu faittoi? (おまえは何をしてきたか)。

ー 杉本秀太郎(フランス文学者)

↑TOPへ戻る