Amazon.co.jp ウィジェット
写真(国内・海外)

写真分離派宣言

The Declaration of Photo-Secession Tokyo

A decade after the beginning of the 21st century, the boundaries of ‘photography’ are increasingly unclear.
Three photographers and two critics formed “Photo-Secession Tokyo” to inquire into the nature and potential of photography today.
This book documents their activities through discussions and previously unreleased works.

—————

21世紀に入って十年。「写真」の輪郭がにわかに崩れている。
写真とは何か、写真の可能性はどこにあるのか。
我々は今、改めて問いたいと思う。

(以上、写真分離派宣言より一部抜粋)

鈴木理策、鷹野隆大、松江泰治、清水穣、倉石信乃。
フィルムカメラ市場の減退、デジタルカメラの普及による表現の画一化など、
写真の現状を憂い、立ち上がった気鋭の写真家・評論家たち。
「写真分離派」を名乗り、写真の未来を模索する 彼らの活動を対談や未発表作品などで紹介する。

写真分離派とは
写真家・鷹野隆大の呼び掛けによって結成された1963年生まれの写真家3名
(鈴木理策、松江泰治)、評論家2名(倉石信乃、清水穣)によるグループ。2010年12月NADiff a/p/a/r/t(東京・恵比寿)での展示を皮切りに、
対談・展示を中心として活動を続けている。

序文:写真分離派宣言

内容:<対談>
倉石信乃×清水穣
鈴木理策×鷹野隆大
鷹野隆大×松江泰治

<作品>
鈴木理策、鷹野隆大、松江泰治の未発表作品それぞれ20ページほか
アートディレクション:秋山伸

The Declaration of Photo-Secession Tokyo
Risaku Suzuki, Ryudai Takano, Taiji Matsue, Minoru Shimizu and Shino Kuraishi

□ format : 257×193×10mm
□ binding : softcover
□ page : 128pages

Sold out

写真分離派宣言

□ 判型:B5
□ 総頁:128頁
□ 定価:1,890円(本体1,800円+消費税)
□ ISBN 978-4-86152-343-4 C0072

定価:1,800円+消費税
在庫切れです。
アマゾンで購入する

↑TOPへ戻る