Amazon.co.jp ウィジェット
絵画(日本絵画、美人画、西洋絵画、素描・版画)

ゴールドマン・コレクション 暁斎春画

性を笑い飛ばす酔狂な暁斎春画、大集合!

世界屈指のゴールドマン・コレクションによる河鍋暁斎の大展覧会が開催されます。暁斎の奇才が光る“春画”の一級品を有しながらその内容がほとんど知られてこなかった状況に向けて、本書を「暁斎春画の決定版」として刊行します。宴席で酔狂で描いた作品をはじめ、6メートルの巻物など筆冴えわたる肉筆、密やかに楽しむ豆判版画など、暁斎の素顔が見えるファン必見の内容です。


イスラエル・ゴールドマン

イギリス在住の国際的な暁斎コレクター。80年代から暁斎作品の収集を続け、個人コレクションとしては世界最大のコレクションを保有する。

石上阿希(いしがみ・あき) 
1979年、静岡県生まれ。立命館大学文学部卒、同大学院文学研究科博士課程後期課程修了。博士(文学)。2013年に開催された大英博物館春画展のプロジェクトキュレイターをつとめる。立命館大学専門研究員を経て、現在、国際日本文化研究センター特任助教。著書に『日本の春画・艶本研究』(2015年、平凡社)、編著に『西川祐信を読む』(2013年、立命館大学アート・リサーチセンター)、共著に『Shunga:sex and pleasure in Japanese art』(2013年、The British Museum Press/『大英博物館 春画』2015年、小学館)、『葛飾北斎 萬福和合神』(2014年、木楽舎)など。2010年に「近世艶本総合データベース」を公開。2015年国際浮世絵学会新人賞。 

定村来人 (さだむら・こと)
1982年生。国際基督教大学教養学部卒。東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍。現在、フリーア美術館・アーサー・M・サックラー美術館(スミソニアン協会)のフリーア・リサーチ・フェロー。同時に、大英博物館アジア部門の客員研究員としてイギリス、ロンドンに滞在中。河鍋暁斎に関する研究論文多数あり。2011年からゴールドマン・コレクションの整理、研究に携わっている。

 

関連展示
これぞ暁斎!世界が認めたその画力」展

会場:Bunkamuraザ・ミュージアム

会期:2017年2月23日~4月16日

他、高知県立美術館、美術館「えき」KYOTO、石川県立美術館に巡回予定

 

関連書籍
『へんてこな春画』 

ゴールドマン・コレクション
暁斎春画

□ 著者:石上阿希・定村来人
 □ 判型:B5変型
□ 総頁:225頁
□ 並製
□ ISBN 978-4-86152-589-6 C0071

定価:2,500円+消費税
アマゾンで購入する

↑TOPへ戻る