Amazon.co.jp ウィジェット
絵画(日本絵画、美人画、西洋絵画、素描・版画)

ねこがいっぱい ねこアート

古今東西の“ねこアート”約140点! 
ニャンともステキな美術探訪

古くは古代エジプト時代まで遡る猫と人間の歴史。ときには福を招く象徴と考えられ、ときには悪魔の使いと見なされてきた猫は、いつの時代も芸術家たちの心を捉えて離しませんでした。彼らはなぜ、そしてどのように、猫の持つ魅力に惹きつけられていったのでしょうか? 
絵画のなかに現れる猫や彫刻になった猫まで、約140点の名品とともに、猫の美術史をたどる本書。猫の性格や習性とともに知る芸術品の背景は、名作をもっと身近なものにしてくれるでしょう。イラストレーター・浅生ハルミンによる、愛らしい猫イラストとともに紹介! 


第1章:猫の表象 −聖なる猫と悪魔の猫−
第2章:人の暮らしとともに
第3章:猫百態
第4章:猫七変化

<コラム>
「招き猫の歴史」
「黒猫」
「女三の宮」
「ネズミ除けの猫~新田猫絵~」
「猫のおもちゃ絵」

<掲載作家>
ゴッホ、マネ、ミレー、ピサロ、ゴヤ
歌川国芳、歌川国貞、藤田嗣治、猪熊弦一郎、長谷川潾二郎、熊谷守一、横尾忠則…ほか

 

関連展示
「ねこがいっぱい ねこアート展」
2018年4月21~6月24日/ひろしま美術館

ねこがいっぱい ねこアート

□ 企画:ひろしま美術館
□ イラスト:浅生ハルミン
□ 判型:B5変
□ 総頁:198頁
□ 並製
□ ISBN978-4-86152-663-3 C0070

定価:2,300円+消費税
アマゾンで購入する

↑TOPへ戻る