Amazon.co.jp ウィジェット
絵画(日本絵画、美人画、西洋絵画、素描・版画)

印象派、記憶への旅

日本が誇る“二大印象派コレクション”夢の共演! 
モネ、ゴッホからマティス、ピカソまで、フランス近代美術の“記憶”をめぐる旅

 

日本有数のフランス近代美術コレクションを有するポーラ美術館(箱根)と、ひろしま美術館(広島)。東西を代表する“二大印象派コレクション”から、名品74点を厳選収録。

19世紀の社会の変革によってもたらされた異国の情景、今日のパリの景観礎となった“パリ大改造”に代表される都市への視点、画家たちを魅了した海景やセーヌ河の水辺の景観、それらの風景と光が織り成す色や形……。印象派やその周辺の画家たちは、世界を新たな視点で切り取り、画家個人の、あるいは時代の記憶を画面上に定着させた。近代絵画の新たな境地を拓いたその表現を探る。さらに、最新の文献研究や科学調査によって、絵画に残された痕跡=モノの記憶の解読を試みる。

掲載作家
コロー、ドラクロワ、ピサロ、モネ、ルノワール、シスレー、ゴッホ、ゴーガン、セザンヌ、マティス、ピカソなど

 

 

展覧会情報
印象派、記憶への旅
ポーラ美術館 2019年3月23日〜7月28日
ひろしま美術館 2019年8月10日〜10月27日

 


関連書籍

 『ひろしま美術館コレクション フランス美術風景紀行』

印象派、記憶への旅

著者:ポーラ美術館、ひろしま美術館

□ 判型:B5変
□ 総頁:200頁
□ 製本:並製
□ 定価:2,223円+税
□ISBN978-4-86152-706-7 C0071

定価:本体2,223円+税
アマゾンで購入する

↑TOPへ戻る