イベント

『村野藤吾の建築―世界平和記念聖堂を起点に』展

戦前戦後を通じて活動し、日本を代表する建築家の一人である村野藤吾の展覧会が広島市現代美術館にて開催されます。今回の展示のみどころとなる世界平和記念聖堂の検討案をはじめ、村野の感性と経験によって生み出された自由で豊かな世界とその思想を、さまざまな観点から感じとることができる内容です。

 

 

村野藤吾の建築―世界平和記念聖堂を起点に

会場:広島市現代美術館

日時:2017年5月16日(火)~7月9日(日)

 展示詳細 >>

 

関連書籍

村野藤吾の建築 模型が語る豊饒な世界

 

 

2017.

05.16

 |

07.09

 

『京都市美術館名品展 京の美人画100年の系譜』展

青幻舎プロモーション企画、「京都市美術館名品展 京の美人画100年の系譜」展が愛知県・岡崎市美術博物館にて開催されています。京都市美術館は1933(昭和8)年の開館以来、明治期以降の京都を中心とした美術・工芸品を収集し、特に京都画壇隆盛期の作品の充実は、他に類を見ないものとなっています。本展では、その京都市美術館所蔵の美人画の優品60点を展示します。京都画壇で制作された美人画の名品を通して、多彩な女性の美をご鑑賞ください。

 

 

京都市美術館名品展 京の美人画100年の系譜

会場:岡崎市美術博物館

日時:2017年4月8日(土)~5月21日(日)

 展示詳細 >>

 

関連書籍

京の美人画 100年の系譜 京都市美術館名品集

 

 

2017.

04.08

 |

05.21

 

『団地のはなし 彼女と団地の8つの物語』
出版記念トークイベント in 関西!

「団地のはなし 彼女と団地の8つの物語」(青幻舎)+
「#カリグラシ 賃貸と団 地、貸し借りのニュー哲学」(ぴあ)
合同出版記念トークイベント in 関西!


「団地のはなし」と「#カリグラシ」という、

この春に出版された2冊の書籍の合同トークイベントを開催します。

どちらの本の中にも、団地をひとつのテーマとして扱いながら、これまでの一般的な団地イメージを更新するような内容が含まれていますが、イベントでは、これらの本を足がかりにしながら、さらにその先の団地や賃貸生活、暮らし方について話を進めます。

 

大阪では、団地暮らしの経験もあるデザイナーの原田祐馬さん、UR都市機構の小正茂樹さんを迎えて、団地にひそむ物語や哲学について。
京都では、宿泊型アートスペース「kumagusuku」を手がける矢津吉隆さん、新世代の不動産プランナーとして活躍する岸本千佳さんを迎えて、不動産の可能性について。

両会場とも制作サイドから、「団地のはなし」の編著者である東京R不動産の千葉敬介さん、「#カリグラシ」の編集者のひとりである竹内厚さんが参加して、
団地・不動産談義に花を咲かせます。

 

団地や不動産、暮らしのこれからを考える絶好の機会となるはず。

ぜひお運びください。

 

●大阪 http://www.standardbookstore.com/archives/66248113.html

 

●京都 http://www.cottage-keibunsha.com/events/20170502/

 

関連書籍

団地のはなし 彼女と団地の8つの物語

 

 

2017.

04.30

05.02

 

19世紀パリ時間旅行―失われた街を求めて―
〈練馬区独立70周年記念展〉

フランス文学者の鹿島茂氏(明治大学教授、フランス文学者)による「失われたパリの復元」(『芸術新潮』連載)をもとに、19世紀パリの全体像に迫る展覧会。
絵画や衣装など多様な美術作品を通して、パリの歴史を辿り、大改造以前・以後のパリを紹介。

 

〈練馬区独立70周年記念展〉

19世紀パリ時間旅行―失われた街を求めて―
会期:2017年4月16日(土)- 6月4日(日)
会場:練馬区立美術館

 展示詳細 >>

鹿島茂先生サイン会

鹿島茂先生のサイン会を開催します。

日時:5月13日(土)16時45分頃〜

場所:練馬区立美術館ロビー

参加条件: 『19世紀パリ時間旅行—失われた街を求めて—』(青幻舎)、もしくは『失われたパリの復元―バルザックの時代の街を歩く―』(新潮社)をご購入の方。

 


関連書籍

19世紀パリ時間旅行 失われた街を求めて

 

 

2017.

04.16

 |

06.04

 

片桐功敦 展「SACRIFICE」

日本の美術のシーンを新しい視点で切り開いていくギャラリーや美術に関わる人に焦点をあてる「ヒカリエコンテンポラリーアートアイシリーズ」にて『Sacrifice ―未来に捧ぐ、再生のいけばな』著者の華道家・片桐功敦さんの福島でのプロジェクトが展示されます。

 

片桐功敦 展「SACRIFICE」 〜福島第一原発30km圏内の花たちが語る言葉〜
Hikarie Contemporary Art Eye vol.6 小山登美夫監修
 

日時:2017.4/11(火)〜 4/23(日) 11:00〜20:00

会場:渋谷ヒカリエ8 CUBE 1, 2, 3
料金:無料

展示詳細 >>
 

 

 オープニングパフォーマンス
「フレコニアン紀に咲く花、その言葉」

片桐功敦(いけばなパフォーマンス)×狐火(ポエトリーリーディング+ラップ)
※パフォーマンス前に南相馬市博物館学芸員・二上文彦氏 によるギャラリートーク開催。
日時:2017.4/11(火)18:30 – 20:00
会場 渋谷ヒカリエ8/CUBE
料金 入場無料(予約不要)


クロージングトーク
対談「鎮めの作法〜被災地とアートの関わりについて〜」
赤坂憲雄(民俗学者、福島県立博物館館長)×片桐功敦(華道家)
日時:2017.4/23(日)15:00 – 17:00※開場14:30
会場:渋谷ヒカリエ8/COURT
料金:入場料1,000円(要予約)
申し込み方法 下記の内容にて、メールでご応募ください。
 宛先:event@tomiokoyamagallery.com
 件名:「4/23トークイベント参加希望」
 本文:お名前/連絡先/参加人数
※募集人数に達し次第、締め切らせていただきます。

 

関連書籍

Sacrifice ―未来に捧ぐ、再生のいけばな

 

 

2017.

04.11

 |

04.23

amour, amours… from my photography collection
アニエスベー フォトコレクション

京都市内で毎年開催される「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」とのゴールデンウィーク特別共同企画として、美術館「えき」KYOTOにてスペシャルエキジビションが開催されます。

 

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭ゴールデンウィーク特別共同企画
amour, amours… from my photography collection
アニエスベー フォトコレクション
 

日時:2017/4/26(水)〜5/14(日)/10:00~20:00※会期中無休

会場:美術館「えき」KYOTO

展示詳細 >>

 

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 >>

 

 

関連書籍

アニエスベー スティリスト

 

 

2017.

04.26

 |

05.14

 

京都ブックフェスティバル2017

4/22・23に、「世界 本の日」「サン・ジョルディの日」にちなんだ
京都の出版社が集まるイベント“京都ブックフェスティバル”に出店します。

書籍を特別価格でご用意しております。

皆様のご来場をお待ちしております。

 

京都ブックフェスティバル2017

日時:4/22(土)・23(日)/11:00~19:00

会場:ゼスト御池 特設会場にて

アクセス:京都市役所前 直結

 展示詳細 >>

 

 

4/23(日) 16:00~

「京都の凸凹を歩く」著者 梅林秀行さんのトーク&サイン会も開催!

 

関連書籍

京都の凸凹を歩く 高低差に隠された古都の秘密

 

 

2017.

04.22

 |

04.23

 

『日本、家の列島 ―フランス人建築家が驚く
ニッポンの住宅デザイン―』展

パリやブリュッセル、アムステルダムなどの各都市でヨーロッパの人々を驚かせた、世界的レベルの日本の現代住宅を紹介する建築展の注目の巡回帰国展。

 

「日本、家の列島 ―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン―」展

会場:パナソニック汐留ミュージアム

会期:2017年4月8日(土)- 6月25日(日)

 展示詳細 >>

 

関連書籍

東京の家

 

 

2017.

04.08

 |

06.25

 

『団地のはなし』刊行記念トークイベント

『団地のはなし』刊行記念してトークイベントが開催されます。

 

『団地のはなし』刊行記念トークイベント

「物語で描く住まいのこと」
出演 :松田青子(作家/翻訳家)X 池辺葵(漫画家)
日時:4/6(木) 20時~(19:30開場)
場所 : 本屋B&B
入場料 :1500円 + 1 ドリンクオーダー

イベント詳細>>

 

関連書籍

団地のはなし 彼女と団地の8つの物語

 

 

2017.

04.06

 

「生誕220年広重展」東海道五拾三次を描いた天才風景絵師

青幻舎プロモーション企画、「生誕220年広重展」が鹿児島市立美術館にて開催されます。代表作の保永堂版『東海道五拾三次』を全作品揃えるとともに、主要な風景版画作品合わせて約150点を展示。また、また、ゴッホが模写したことでも有名な『名所江戸百景』の「亀戸梅屋舗」と「大はしあたけの夕立」の2点も特別展示されます。斬新で親しみやすい風景版画の世界をお楽しみください。

 

 

「生誕220年広重展」東海道五拾三次を描いた天才風景絵師

会場:鹿児島市立美術館

日時:2017年3月24日(金)~5月7日(日)

 展示詳細 >>

 

関連書籍

広重——雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく

 

 

2017.

03.24

 |

05.07

 

< 前のページ 次のページ >

↑TOPへ戻る