新刊案内

ロシアの絵はがき30文字

大人気絵本作家がコラボレーション!


ロシア語「A(アー) to Я(ヤー)」30文字を題材に福田利之、tupera tuperaが描き下ろしたポストカードブック。4月14日(土)から開催される東京都美術館「プーシキン美術館展」の展覧会公式グッズのプロデュースをしている井岡美保による一冊。会場では福田利之・tupera tupera、両作家による様々なグッズが販売される予定。

関連書籍

かわいいロシアのAtoZ

『ツペラパラパラvol.1 うーん、うん』
『ツペラパラパラvol.2 こーい、こい』

いまからノート


関連展示
プーシキン美術館展

スペース

ツペラツペラと 福田利之の ポストカードブック

絵:福田利之・tupera tupera
文:井岡美保
□ 判型:148 x 148
□ 総頁:30葉
□ 製本:並製(ポストカードブック)
□ 定価:1,500円+税
□ISBN978-4-86152-676-3 C0071

Amazonでご予約  

□2018年4月下旬刊行予定

かわいいロシアのAtoZ
愛おしくて素朴なデザインたち

女子心をくすぐるとびきりキュートな国だった。


過去40回近く渡露し雑貨を買い付けている奈良のカフェ「カナカナ」「ボリクコーヒー」のオーナーによるとっておきのロシアを紹介。豪華さととチープさがミックスされたかわいいロシアのデザインを「暮らし・モノ・コト」を切り口にロシア語30文字「A (アー)」から「Я (ヤー)」で収録。


井岡 美保(いおか・みほ)
奈良生まれ。夫と奈良でカフェ「カナカナ」「ボリクコーヒー」を営む。旅が好きで、年数回、渡航し、そこで見つけたかわいい雑貨やお店などを紹介している 。著書に「ロシアと雑貨 〜 ラブリーをさがす55の旅 〜」、「カナカナのかわいい東欧」、「はじめまして奈良」などがある。

装画:Noritake

 

関連書籍
ロシアの絵はがき30文字

スペース

かわいいロシアのAtoZ

著者:井岡美保
□ 判型:文庫判
□ 総頁:254頁
□ 製本:並製
□ 定価:1,500円+税
□ISBN978-4-86152-674-9 C0072

Amazonでご予約  

□2018年4月下旬刊行予定

はかれないものをはかる

自分の心と対話する49のことば


数字でははかれないけれど、確かに感じられる感情の温度、大切な人との距離、願いや希望の重み。はかろうとすることは、そこにある本質に少しだけ近づこうとすること。49の「はかれないもの」を詩とユーモラスな絵で紡ぎます。ちょっとお疲れ気味のあなたをそっと癒してくれる、贈りものにもぴったりな1冊です。


●日本語、イタリア語、英語のトリリンガル
●帯文 谷川俊太郎(詩人)


工藤あゆみ(くどう・あゆみ)
1980年岡山県生まれ。2010年イタリア国立カッラーラアカデミア美術大学絵画科卒業。2012年プレミオサンフェデーレ大賞、ボローニャ国際絵本原画展入賞。ヨーロッパを拠点に活動。

スペース

はかれないものをはかる

著者:工藤あゆみ
□ 判型:196 × 180
□ 総頁:60頁
□ 製本:並製 コデックス装
□ 定価:1,600円+税
□ISBN978-4-86152-673-2 C0071

Amazonでご予約  

□2018年4月中旬刊行予定

DOUBLE TAKE
再現された世紀の一枚

写真史に残る一枚をジオラマで再構築


アンリ・カルティエ=ブレッソンの「サン=ラザール駅裏」など名作の数々は、どのように生まれたのか。二人のスイス人写真家は、いたずらを仕掛けるかのように39枚の写真を 模型で再現する。スタジオに広がる名写真の“メイキング”を前に、写真への新たな思考が芽生え始める。ユニークな手法で「写真史」を再構築する衝撃の作品集。


ヨアキム・コーティス&エイドリアン・ゾンダーレッガー

スイス在住の写真家。チューリッヒ芸術大学で写真を学び、フリーランスカメラマンとして活動する傍ら、2人で「Double Take」シリーズの制作を行い注目を集める。

スペース

DOUBLE TAKE

著者:ヨアキム・コーティス
   エイドリアン・ゾンダーレッガー
□ 判型:A4横変
□ 総頁:168頁
□ 製本:上製
□ 定価:4,200円+税
□ISBN978-4-86152-655-8 C0072

Amazonでご予約  購入ページへ

ねこがいっぱい ねこアート

古今東西 ねこアート大集合!


猫はいにしえから人間にとって身近な存在だった。ときには福を招くと考えられ、ときには悪魔の使いと見なされたが、自由気ままにふるまう様子は、世界中の芸術家を魅了してきた。本書は、古今東西の描かれ、かたちづくられた猫の名品約140点を一堂に会し、猫の美術の歴史を辿りながらその魅力に迫る。

●掲載作家

ゴッホ、マネ、ミレー、ピサロ、ゴヤ、歌川国芳、歌川国貞、藤田嗣治、
猪熊弦一郎、長谷川潾二郎、熊谷守一、横尾忠則など



展覧会情報

『ねこがいっぱい ねこアート展』
ひろしま美術館 2018年4月21日~6月24日

スペース

ねこがいっぱい ねこアート

企画:ひろしま美術館

イラスト:浅生ハルミン
□ 判型:B5変
□ 総頁:198頁
□ 製本:並製
□ 定価:2,300円+税
□ISBN978-4-86152-663-3 C0070

Amazonでご予約  

□2018年4月下旬刊行予定

華ひらく皇室文化
明治150年記念 明治宮廷を彩る技と美

美と技の粋を極め文明開化を牽引した明治宮廷ゆかりの品々


明治天皇が愛した美術品や、昭憲皇太后をはじめとする女性皇族の華やかなドレス、明治宮殿を彩った調度品や、超絶技巧作品、皇室の引き出物として明治以降定着したボンボニエール(菓子入れ)など、伝統的文化を庇護しつつ日本の西洋化を牽引した明治期の皇室ゆかりの品々を重要文化財も含め多数掲載。彬子女王殿下の論文も収録。



展覧会情報

徳川美術館・名古屋市蓬左文庫 2018年4月17日(火)〜5月27日(日)

京都府京都文化博物館ほか秋田や東京など 全国5館を巡回予定。

スペース

華ひらく皇室文化

図版:大礼服
   昭憲皇太后着用
   共立女子大学

企画:華ひらく皇室文化展実行委員会

監修:小松大秀
□ 判型:B5変型
□ 総頁:224頁
□ 製本:並製
□ 予価:2,315円+税
□ISBN978-4-86152-644-2 C0070

Amazonでご予約  

□2018年4月下旬刊行予定

野生のベリージャム

女優・小島聖の野性的でありながら洗練された感性が光る、
待望の初エッセイ。


女優としてのキャリアを重ねる一方で、プライベートでは大自然に魅せられ、国内のみならず海外の山へと旅を重ねてきた小島聖。そんな彼女が、バックパックひとつで何日もテントで過ごすような、女性にとっては少々ハードともいえる旅の中で、特に大切にしているのは“何を食べるか”ということ。

ネパール、フランス・モンブラン、スイス・マッターホルン。
あるいはヨセミテ渓谷からスタートし、アメリカ本土最高峰のホイットニー山を目指す、全長340kmものロングトレッキングコース『ジョン・ミューア・トレイル』での20日間やここ数年繰り返し訪れているアラスカ――。
色々な国、様々なシチュエーションの旅で彼女が何を選び、何に歓びを感じたのか。食のエピソードを中心に、その心の移ろいを瑞々しいテキストと写真で辿ります。

かつては、高峰秀子や沢村貞子などの名女優が、ひとりの女性として日々の食卓を綴ったエッセイを遺したように、 小島聖もまた、食べることが大好きなひとりの女性として、都会と大自然とを行き来する中で感じたありのままを綴りました。彼女の野性的でありながら洗練された感性がいかんなく発揮された、読者の日々の生活が少し豊かになる、スパイスになるような一冊です。

 

小島聖(こじま ひじり)

1989年、NHK大河ドラマ「春日局」デビュー。1999年、映画「あつもの」で第54回毎日映画コンクール女優助演賞を受賞。近年、コンスタントに映像作品に出演する一方、話題の演出家の舞台にも多く出演。柔らかな雰囲気と存在感には定評があり、感性豊かな表現で見ている人を魅了する。

スペース

小島聖

著者:小島聖
□ 判型:四六判
□ 総頁:272頁
□ 製本:仮フランス装
□ 定価:2,000円+税
□ISBN978-4-86152-642-8 C0095

Amazonでご予約 購入ページへ

サイン本

購入ページへ

京都日常花Vol.2
市井のいけばな十二ヶ月

伝統が息づく洛中に、凛と咲く生け花の四季

 

京都の街の中、日常の風景として至る所で目にすることのできる生け花。料理屋、寺院、古美術店など、専門家によらなくとも、生け花の基本である“奉り”の精神がさりげなく表現されている。古都で培われてきた花への敬いの姿勢を、シーンに応じた器との取り合わせ、ときに現代的な空間演出とともに一年を通して紹介。

 

《掲載店舗例》
菊の井、大徳寺瑞峯院、Gallery日日、亀屋良永、無鄰菴など約60軒を掲載

 

関連書籍

『京都日常花』
『花政のしごと』

 

スペース

京都日常花Vol.2 市井のいけばな十二ヶ月

□ 判型:A5判
□ 総頁:168頁
□ 並製
□ 定価:本体2,500円+税
□ ISBN978-4-86152-664-0 C0072

Amazonでご予約  購入ページへ

江戸の女装と男装

艶やかで自由な、「男らしさ」「女らしさ」が花開く時代。


女装や男装の文化は洋の東西を問わず古くから見られます。江戸時代にも祭礼で芸者の女性が男装して出し物を演じたり、男性役者が女性を専門に演じる歌舞伎の女形が人気を博すなど、「異性装」や「男女入れ替え」の発想は江戸の人々にとってとても身近なものでした。本書では描かれた浮世絵を通して、美しく粋な表現で自由に男女の境界を自由に行き来する、江戸時代の風俗や文化の諸相に迫ります。



展覧会情報

『江戸の女装と男装』太田記念美術館 2018年3月2日~25日

スペース

江戸の女装と男装

著者:渡邉晃
監修:太田記念美術館
□ 判型:B5変型
□ 総頁:134頁
□ 製本:並製PUR
□ 予価:2,300円+税
□ISBN978-4-86152-653-4 C0071

Amazonでご予約  購入ページへ

びょうぶかーどBOOK にっぽん四季おりおり

春夏秋冬、ひと月ごとの風物詩で彩られた12枚の屏風型カード

カードを点線に沿って山折谷折に折ると、繊細で雅な和のモチーフが立体に浮かび上がります。完成したカードはインテリアとして玄関やお部屋に、屏風のように飾ったり、巻末に16枚収録されている季節の便箋と一緒にグリーティングカードとしても使えます。ペーパーデザイン・ユニットPORIGAMI(ポリガミ)が手がける、屏風型3Dカードブック。英訳付きで海外の方のお土産にぴったり!

 

●屏風カード12枚と季節ごとのレターパット16枚(8種 各2枚ずつ)

 内容:1月 正月飾り/2月 節分/3月 ひなまつり/4月 お花見

    5月 こどもの日/6月 梅雨/7月 七夕/8月 花火大会
    9月 お月見/10月 秋の味覚/11月 紅葉狩り/12月 除夜の鐘

●裏にメッセージ欄付き、季節のお便りとしても使える!

 

PORIGAMI(ポリガミ)
プラハ出身の建築家テレザ・ハラディルコバと東京のデザイナー小林久実の二人組ユニット。ポップアップカードから大型のインスタレーションまで紙に関わる様々な創作を行う。イタリアの高級用紙ブランド「フェデリゴー二社」の2017年作品大賞にノミネートされ国内外で注目を集め活動の域を広げている。

※本書は、仕上がりの美しさを優先しながら、作る工程を楽しんでいただけるよう、絵柄を抜きやすい加工にしております。そのため切り取り部分の一部があらかじめ抜けている箇所がある場合がございますが、完成に影響はございません。
スペース

びょうぶかーどBOOK にっぽん四季おりおり

著者:PORIGAMI
□ 判型:A4変型(145 mm × 225 mm)
□ 総頁:32枚
□ 製本:並製
□ 予価:1,600円+税
□ISBN978-4-86152-658-9 C0071

Amazonでご予約 購入ページへ

< 前のページ 次のページ >

↑TOPへ戻る