新刊案内

美術館と大学と市民がつくる
ソーシャルデザインプロジェクト

地域の文化施設を活用したコミュニティづくりの先進事例

 

今、美術館などの地域の文化施設がハブとなり、人をつなぐコミュニティづくりを行う地域連携プロジェクトへの注目が高まっている。その潮流の牽引役である東京都美術館と東京藝術大学がタッグを組み、美術館を拠点にアートを介してコミュニティを育む「とびらプロジェクト」の全貌をまとめた一冊。

 


とびらプロジェクトとは?

美術館を拠点にアートを介してコミュニティを育むソーシャルデザインプロジェクト。広く一般から集まったアート・コミュニケータ「とびラー」と、学芸員や大学の教員、そして第一線で活躍中の専門家が、ともに美術館を拠点に、そこにある文化資源を活かしながら、人と作品、人と人、人と場所をつなぐ活動を展開している。東京都美術館のリニューアルオープンをきっかけに、東京藝術大学と連携し2012年に始動した。


 稲庭 彩和子(いなにわ・さわこ)東京都美術館学芸員、

アート・コミュニケーション係長

1972年横浜生まれ。青山学院大学にて修士、ロンドン大学UCLにて修士修了。専門は芸術学、文化資源学。神奈川県立近代美術館勤務を経て、2011年より東京都美術館のアート・コミュニケーション事業を統括。共著『100人で語る美術館の未来』(慶応義塾大学出版)、監修『ペネロペと名画をみよう』(岩崎書店)等。


伊藤達矢(いとう・たつや)東京藝術大学美術学部特任准教授、

とびらプロジェクト / Museum Start あいうえの マネージャ

1975 年福島県西会津町生まれ。東京藝術大学大学院博士課程美術教育修了。博士号取得。アートプロジェクトのディレクションなど、多様な文化プログラムの企画立案に携わる。共著に『TOKYO1/4 が提案する東京文化資源区の歩き方』(勉誠出版)、『ミュージアムが社会を変える〜文化による新しいコミュニティ創り』(現代企画室)等。


スペース

美術館と大学と市民がつくるソーシャルデザインプロジェクト

編:とびらプロジェクト

著:稲庭彩和子・伊藤達矢

□ 判型:四六判
□ 総頁:272頁
□ 製本:並製
□ 定価:1,600円+税
□ISBN978-4-86152-700-5 C0070

Amazonでご予約   

 □2018年10月刊行予定

日本写真史 1945-2017
ヨーロッパからみた「日本の写真」の多様性

イギリスで生まれた日本写真史、入門書。
戦後から現代まで、写真家約70名の作品200余点収録! ! 

 

近年、海外で注目が高まる「日本の写真」。世界から日本写真史を概観する書籍が求められるなか、日本に造詣が深いイギリス在住のキュレイターによる画期的な一冊が誕生した。著者自ら、日本を代表する25名の写真家にインタビューを敢行。作家たちの生の声を追いながら、「リアリズム」「ガーリーフォト」など、社会的変遷を背景に発展した日本の写真史を紐解いていく。


イギリスのキュレイターによる新鮮な切り口の日本写真史! 
写真家たちの作品世界を、グローバルな視点で解き明かしている。
飯沢耕太郎(写真評論家/本書監修者)

 

 

<インタビュー収録作家>

荒木経惟、安齋重男、石内都、伊島薫、大森克己、川内倫子、川田喜久治

北井一夫、澤田知子、志賀理江子、柴田敏雄、須田一政、鷹野隆大

土田ヒロミ、TokyoRumando、長島有里枝、蜷川実花、野村佐紀子

畠山直哉、HIROMIX、細江英公、森村泰昌、森山大道、吉行耕平、米田知子

 

 

レーナ・フリッチュ
アシュモレアン博物館にて、近現代美術のキュレイターとして海外美術の展示や展覧会の企画を担当。以前はテート・モダンの海外美術部門にて、アシスタント・キュレイターとして、アジア太平洋地域の美術品の収集や展示を担当した。著書に『Yasumasa Morimuras“Self-portrait as Actress”: Uberlegungenzur Identitat』(2008 年)など。

飯沢耕太郎(いいざわ・こうたろう)
写真評論家。1977年、日本大学芸術学部写真学科卒業。1984年、筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。執筆活動のほか、写真展覧会の審査、企画等も手がける。

スペース

日本写真史 1945-2017

著:レーナ・フリッチュ
監修:飯沢耕太郎

□ 判型:A4変
□ 総頁:288頁
□ 製本:並製
□ 定価:5,500円+税
□ISBN 978-4-86152-690-9 C0072

Amazonでご予約   

 □2018年10月刊行予定

Swimming Pool

幾何学とパステルカラーの静謐な世界
スロヴァキア発・世界が注目する写真集、日本初刊行! ! 

 

社会主義体制下の面影を残すスロヴァキアのプール施設を舞台に、凍りついたような人物たちが佇む白昼夢。透き通るような色彩で幾何学的に構成された世界は、遠い未来のようであり、どこか懐かしさも感じさせる。
ハッセルブラッドマスターズアワード2018(アート部門)を受賞し、SNSでも注目を集める気鋭のスロヴァキア人写真家、待望の初写真集。

 

 

マーリア・シュヴァルボヴァー(Maria Svarbova)
1988年生まれ、スロヴァキア出身。大学で文化財修復と考古学を学んだ後、写真表現に活躍の場を移し、先端的な表現で注目を集める。
Instagramフォロワーは20万人を超える。日本では村田製作所の広告写真を手がける。

 

 関連展示

「Maria Svarbova Asia Premier」
花博流行館(台湾)2018年10月20日~11月18日

スペース

Swimming Pool

著:マーリア・シュヴァルボヴァー

□ 判型:B4変
□ 総頁:108頁
□ 製本:上製
□ 定価:3,800円+税
□ISBN 978-4-86152-689-3 C0072

Amazonでご予約   

 □2018年12月中旬刊行予定

レ・ロマネスク TOB Iのひどい目。

2014年から2017年にかけ、ほぼ日刊イトイ新聞にて不定期連載された
人気企画「レ・ロマネスクTOBIのひどい目。」、待望の書籍化! ! 


ポップデュオ「レ・ロマネスク」のボーカルTOBI(トビー)氏がこれまでの人生において幾度となく遭遇した、ちょっと考えられないような「ひどい目」のエピソードを、書籍オリジナルのコンテンツを加えて書籍化。本当に「ひどい」エピソードにも関わらず、TOBI氏の語り口の軽妙さから、笑っちゃいけないと思いながら大笑いしてしまう、読むと元気が出る本。

 

 

TOBI(トビー)
ポップ音楽ユニット「レ・ロマネスク」のメインボーカル。
コーラス・ギター担当のMIYA(ミーヤ)と一緒に、フランスのパリでデュオ結成。世界12カ国50都市以上で公演したのち、2011年フジロック出演を機に帰国。NHK Eテレ「お伝と伝じろう」のメインキャストに抜擢され、シングルを次々と発表。その後、公式ファンブック出版、アルバムリリース、ラジオ番組のメインパーソナリティを務めるほか、カンボジアでチャリティソング発売、アプリによる完全無音コンサート開催など、精力的に活動中。

スペース

レ・ロマネスク TOB Iのひどい目。

著者:TOBI、奥野武範
□ 判型:四六判
□ 総頁:240頁
□ 製本:並製
□ 定価:2,000円+税
□ISBN978-4-86152-694-7 C0095

新装復刻版 変体英文字図案集

ビジュアル文庫 「描き文字図案集」復刻シリーズ 第3弾! 


60年代、デザインの黎明期代に考案された楽しく、美しい英字の世界。
戦後の印刷物、掲示、看板などに書かれたアルファベットおよび英数字の実用的な字体をはじめ、装飾・美術的なさまざまなスタイルを第1章「英字スタイル」とし70パターン掲載。これをもとに第2章「英字モノグラム」は、ABCと数字をあらゆる角度から組み合わせたモノグラムのバリエーションを約1000種収録。

本書は、『変体英文字図案集』(1962年 佳生書房刊)を完全収録し再構成したものです。

序文 装丁家 平野甲賀

 

 

関連書籍

『実用手描文字 実用図案文字と意匠』新装改訂復刻版』

『新装復刻版 現代図案文字大集成』

 

スペース

変体英文字図案集

著者:大沼知之
□ 判型:文庫判
□ 総頁:276頁
□ 製本:並製
□ 定価:1,500円+税
□ISBN 978-4-86152-691-6 C0071

Amazonでご予約   購入ページへ

タータン  伝統と革新のデザイン

タータン本の決定版! 知るとますます好きになる!
資料性充実!タータン図版約100点、オール4色解説付!


スコットランド独特の織物柄として発展したタータン。

登録制の仕組み、色彩構成、製造方法など歴史的背景や定義をはじめ、豊富な図版による柄の解説、風刺画など美術作品、日本での広告等での使用例、デザイナー達によるエッセイにより、その伝統と革新の世界を紹介する決定版です。

 

展覧会情報

2018年 9月15日(土) ~ 11月11日(日) 神戸ファッション美術館(兵庫)など計5都市を巡回

スペース

タータン

著者:三鷹市美術ギャラリーほか

□ 判型:A5変型
□ 総頁:196頁
□ 製本:並製PUR
□ 定価:2,315円+税
□ISBN 978-4-86152-692-3 C0071

Amazonでご予約   購入ページへ

はじめての絵画の歴史 「見る」「描く」「撮る」のひみつ

現代の巨匠、ホックニーが贈る!

“アートを知る喜び”に出会う画期的入門書!

 

話題書『絵画の歴史 洞窟壁画からiPadまで』のエッセンスを凝縮した、大人から子どもまで楽しめる書き下ろし版。洞窟絵画からモナリザ、浮世絵、写真、コンピューターグラフィックスまで、古今東西のアートに隠された表現の情熱、視点の変化、影響の受け方、道具の発明……アートをもっと自由に楽しめるヒントの数々を、かわいいイラストとともに、ホックニーとマーティンが語り言葉でナビゲートします。

 

●ダ・ヴィンチ、歌川広重、ゴッホ、モネ、ピカソ……約50人のアーティストの図版約70点を掲載。

●一目でわかる「年表」「用語集」「索引」つき。

 

 

ディヴィッド・ホックニー

あらゆるメディアを駆使して作品を制作し、その領域を拡大してきた現代美術の第一人者。著書にベストセラー『秘密の知識 巨匠も用いた知られざる技術の解明』、『絵画の歴史 洞窟壁画からiPadまで』(ともに青幻舎刊)がある。

 

マーティン・ゲイフォード

美術批評家。スペクテイター誌に寄稿するかたわら、ゴッホ、ミケランジェロらを主題とする著書で高い評価を得る。

 

 関連書籍

『絵画の歴史 洞窟壁画からiPadまで』

スペース

はじめての絵画の歴史

著:ディヴィッド・ホックニー

  マーティン・ゲイフォード

□ 判型:A4変
□ 総頁:128頁
□ 製本:上製
□ 定価:2,500円+税
□ISBN 978-4-86152-684-8 C0070

Amazonでご予約 購入ページへ

3人の博士 パラパラブックシリーズvol.12
もうひとつの研究所

3つのパラパラが1つに合体!?

もうひとつの研究所 最新作には3つの物語が潜んでいます。


3人の博士には秘密がある

1人は目の中で研究している

1人は耳の中に飼っている

1人は口の中に入っている

ジェットコースターのように博士たちの研究は進んで行く

 

 

もうひとつの研究所( もうひとつのけんきゅうじょ)

“もうひとつの研究所”はサンタクロース(代表取締役)率いるプレゼント研究所の一つです。サンタクロースの合格をもらえない、ちょっとおかしなプレゼントばかり作っている不思議な研究所。鳥の背中に生えている塔で、今日もこそこそ自分たちなりの愉快なプレゼントを作っています。

 

好評既刊

パラパラブックシリーズ

 

 関連書籍

『3つのお店 パラパラブックシリーズ vol.11  もうひとつの研究所 』

スペース

3人の博士

著者:もうひとつの研究所
□ 判型:96 × 96mm(パラパラ)
□ 総頁:112頁
□ 製本:並製
□ 定価:1,200円+税
□ISBN978-4-86152-686-2 C0076

Amazonでご予約   購入ページへ

3つのお店 パラパラブックシリーズvol.11
もうひとつの研究所

3つのパラパラが1つに合体!?

もうひとつの研究所 最新作には3つの物語が潜んでいます。


いらっしゃい、いらっしゃい

入り口は穴の中、さあさあ飛び込んでおいで

あなたが欲しいものがあるかは入ってみないとわからない

もう飛び込んだかな?

お代をもらうまでは出られないからね?

 

 

もうひとつの研究所( もうひとつのけんきゅうじょ)

“もうひとつの研究所”はサンタクロース(代表取締役)率いるプレゼント研究所の一つです。サンタクロースの合格をもらえない、ちょっとおかしなプレゼントばかり作っている不思議な研究所。鳥の背中に生えている塔で、今日もこそこそ自分たちなりの愉快なプレゼントを作っています。

 

 

好評既刊

パラパラブックシリーズ

 

 関連書籍

『3人の博士 パラパラブックシリーズvol.12 もうひとつの研究所 』

スペース

3つのお店

著者:もうひとつの研究所
□ 判型:96 × 96mm(パラパラ)
□ 総頁:112頁
□ 製本:並製
□ 定価:1,200円+税
□ISBN978-4-86152-685-5 C0076

Amazonでご予約  購入ページへ

めがねと旅する美術

司馬江漢から山口晃まで、
人間の「見る」ことへの情熱が生み出すアートとテクノロジーの世界



江戸時代に「視覚革命」を起こした西洋由来の遠近法、鳥瞰図、だまし絵やのぞき絵、そしてミクロ・マクロの可視化まで。
わたしたちは何を見てきたのか——「視覚」をテーマに古今の美術を旅する。

 

●掲載作家
司馬江漢/伝平賀源内/歌川広重/歌川国芳/歌川国貞(三代)/鈴木春信/伝円山応挙
高橋由一/リュミエール兄弟/江戸川乱歩 + 棟方志功/谷崎潤一郎 + 棟方志功
今和次郎/中村宏/不染鉄/高松次郎/松江泰治/鈴木理策/石内都/森村泰昌
桑原弘明/中ザワヒデキ/金氏徹平/諏訪敦/山口晃/Mr. ほか

「美少女の美術史」に続く、トリメガ研究所の最新作(かつ最後)の展覧会。

 

 

トリメガ研究所(とりめがけんきゅうじょ)

ジャンルの垣根を超え、広く視覚文化について考察する展覧会の開催を目的とし、島根県立石見美術館、青森県立美術館、静岡県立美術館の学芸員3名により、2008年6月に結成された研究チーム。

 


展覧会情報

青森県立美術館/平成30年7月20日(金) 〜 9月2日(日)

島根県立石見美術館/平成30年9月15日(土) 〜 11月12日(月)

静岡県立美術館/平成30年11月23日(金・祝) 〜 31年1月27日(日)

スペース

めがねと旅する美術

企画:「めがねと旅する美術」展実行委員会

□ 判型:B5変
□ 総頁:264頁
□ 製本:並製PUR
□ 定価:2,500円+税
□ISBN978-4-86152-654-1 C0070

Amazonでご予約 購入ページへ

< 前のページ 次のページ >

↑TOPへ戻る