新刊案内

陳珮怡画集 猫さえいれば

猫と暮らし、猫を描く。「愛しい幸せ」が心にしみる
美人画で人気を博す池永康晟氏絶賛!! “陳珮怡は東洋一の猫描き” 

 

アジアのアートシーンで活躍する台湾の膠彩画家・陳珮怡。東洋の伝統的な技法を駆使し描かれた猫は毛並みの触り心地の違いまでをも表現し、岩絵具を盛って描かれたテキスタイルの柄は独特のオリエンタルな世界観を生み出す。猫と暮らし、制作を続ける彼女の前でしか見せない猫の所作や表情は圧倒的技量とともに、そこに裏打ちされた猫との信頼関係をも写し出している。

陳珮怡にとって初画集となる本画集は、新作を含む作品53点、制作風景写真と作家自身によるテキストも掲載される。

 

陳珮怡(チン・ぺイイ)
1984年台湾台中生まれ。東海大学大学院美術研究専攻修了。画家の池永康晟氏に見いだされ、日本で「池永康晟・陳珮怡二人展」を開催。ART FORMOSA、ART TAIPEIなどへの出品など、台湾を中心に活躍中。

 

 

 関連展示

2018年11月9日(金) ~ 11月19日(月) 秋華洞(銀座)

スペース

チン・ペイイ画集 猫さえいれば…

著:陳珮怡

□ 判型:B5変
□ 総頁:120頁
□ 製本:並製
□ 定価:2,800円+税
□ISBN978-4-86152-699-2 C0071

Amazonでご予約   購入ページへ

恒明庵 KOMEIAN 終の棲家

終の棲家に映る建築家人生と哲学の軌跡


フィンランド・タピオラの都市計画、スウェーデンの医療・福祉に学び、介護施設の分野に新たな視点をもたらした建築家・髙橋恒夫。“「棲家」というのは…住む人間自身の生き様の表現そのものである”。 そう提言する著者が建てた、終の棲家の姿とは。スウェーデン・ストックホルムで学んだ日々、新たなフィールドを切り拓いた独立のとき。自身の哲学を持って建築界へ挑みつづけた集大成がいま誕生する。70年という人生を振り返りながら、最後の建築「恒明庵」の真髄をひもといてゆく。

 

 

髙橋恒夫(たかはし・つねお)

建築家/工学博士 。株式会社福祉医療建築設計事務所 会長 。株式会社福祉医療計画研究所 代表取締役 。医療法人社団 喜英会 加瀬ウェルネスタウン 会長

 

スペース

恒明庵 KOMEIAN 終の棲家

著者:髙橋恒夫

□ 判型:297×297mm
□ 総頁:316頁
□ 製本:上製
□ 定価:7,000円+税
□ISBN978-4-86152-698-5 C0052

Amazonでご予約   

 □2018年10月下旬刊行予定

My Picture Book 世界の花

本を開くと花が咲き競う! ユニークで美しいアンティーク博物図鑑


19世紀以前の博物学者たちが描いた美しい博物画を贅沢に収録。ページに型抜き加工を施し、まるで世界中の花を本の中に閉じ込めたかのような美しい博物図鑑が完成しました。図鑑としてはもちろん、贈り物としても楽しめる一冊です。

シリーズ第2弾『世界の花』では、園芸品種として馴染み深い花から博物画だけに残る幻の花まで、植物学者が記録した50種を掲載。

〈本書の楽しみ方〉
花のイラストに沿って全ページ型抜き加工が施されています。余白部分を手で切り離していくと、ページから花が飛び出したような美しい図鑑が完成します。

 

 

マイケル・スコット
植物学者。2005年にスコットランドの生物保全への貢献により大英帝国勲章を受章。

 

スペース

My Picture Book 世界の花

著者:マイケル・スコット

□ 判型:A5
□ 総頁:110 頁
□ 製本:上製
□ 定価:2,700円+税
□ISBN978-4-86152-702-9 C0072

Amazonでご予約   

 □2018年12月刊行予定

My Picture Book 世界の鳥

本を開くと鳥が舞い踊る! ユニークで美しいアンティーク博物図鑑


19世紀以前の博物学者たちが描いた美しい博物画を贅沢に収録。ページに型抜き加工を施し、まるで世界中の鳥を本の中に閉じ込めたかのような美しい博物図鑑が完成しました。図鑑としてはもちろん、贈り物としても楽しめる一冊です。

シリーズ第1弾『世界の鳥』では、バードウォッチングで親しまれている野鳥から秘境の美しい鳥まで、鳥類学者を魅了した50種を掲載。


〈本書の楽しみ方〉
鳥のイラストに沿って全ページ型抜き加工が施されています。余白部分を手で切り離していくと、ページから鳥が飛び出したような美しい図鑑が完成します。

 

 

マット・メリット
ネイチャーライター、英国『Bird Wathing』誌の編集者であり、詩人としても4冊の作品集を発表。

 

スペース

My Picture Book 世界の鳥

著者:マット・メリット

□ 判型:A5
□ 総頁:110 頁
□ 製本:上製
□ 定価:2,700円+税
□ISBN978-4-86152-701-2 C0072

Amazonでご予約   

 □2018年12月刊行予定

辰野登恵子 ON PAPERS:
A Retrospective 1969–2012

新たな視点からその豊かな画業を照射する


2014年、64歳という画家としての円熟期に急逝した辰野登恵子。大型油彩の印象が強い一方で、シルクスクリーン、リトグラフ、木版、銅板などさまざまな技法による版画作品を生み出していた。本書は、作家の広い視野と挑戦の軌跡として、未発表の作品含む版画およびドローイング群を中心に、図版頁と作品集「紙の仕事」による二部構成で辰野芸術を多角的に検証する作品集である。



●図版頁:版画とドローイング各70余点、油彩約30点
●作品集「紙の仕事」:版画約270点、ドローイング約300点収録

 

 

辰野登恵子(たつの・とえこ)

時代を牽引する表現の担い手として常に脚光を浴びた画家。70 年代にグリッドやストライプをモチーフとした版画作品で注目を集め、80 年代以降豊潤な色彩で有機的形象を描く独自の表現を追求、抽象絵画の新たな可能性を示し続けた。

 

展覧会情報

埼玉県立近代美術館:2018年11月14日〜2019年1月20日
名古屋市美術館:2019年2月16日〜3月31日

スペース

タータン

監修:埼玉県立近代美術館

□ 判型:A4変
□ 総頁:288 頁
□ 製本:コデックス+カバー
□ 定価:4,000円+税
□ISBN978-4-86152-710-4 C0071

Luv. ROCCO

演出と虚構と現実のはざまで生み出された、愛猫との奇跡の写真

 

難病を宣告された、演劇プロデューサーの前に現れた猫ROCCO(ロッコ)。出会いから1年ほど経ったあるとき著者は、優れた役者に出会ったときに感じる独特な感覚をROCCOに見出していく。その日を境に、動かなくなる体に鞭打ち、猫を役者に見立てた撮影がはじまった。アングルやライティングに緻密な計算を加え、奔放に動くROCCOを追いかけるそれは、まるでセッションのような時間となっていく…。3年間の攻防を経て生まれた、深遠なる奇跡の世界がここに。

 

星野正樹( ほしの・まさき)

演劇プロデューサーとして第一線で活躍。1990年、パーキンソン病の宣告を受ける。主なプロデュース作品は、「双頭の鷲」、「海神別荘」、「スウィート・チャリティー」など他多数。



 関連展示

2018年10月6日〜10月20日 ギャラリーTOM(東京・渋谷)
2018年12月5日〜13日Chez Bobes(フランス・パリ)

スペース

ROCCO

著:星野正樹

□ 判型:B5変
□ 総頁:92頁
□ 製本:並製
□ 定価:3,000円+税
□ISBN978-4-86152-697-8 C0072

Amazonでご予約   購入ページへ

美術館と大学と市民がつくる
ソーシャルデザインプロジェクト

地域の文化施設を活用したコミュニティづくりの先進事例

 

今、美術館などの地域の文化施設がハブとなり、人をつなぐコミュニティづくりを行う地域連携プロジェクトへの注目が高まっている。その潮流の牽引役である東京都美術館と東京藝術大学がタッグを組み、美術館を拠点にアートを介してコミュニティを育む「とびらプロジェクト」の全貌をまとめた一冊。

 


とびらプロジェクトとは?

美術館を拠点にアートを介してコミュニティを育むソーシャルデザインプロジェクト。広く一般から集まったアート・コミュニケータ「とびラー」と、学芸員や大学の教員、そして第一線で活躍中の専門家が、ともに美術館を拠点に、そこにある文化資源を活かしながら、人と作品、人と人、人と場所をつなぐ活動を展開している。東京都美術館のリニューアルオープンをきっかけに、東京藝術大学と連携し2012年に始動した。


 稲庭 彩和子(いなにわ・さわこ)東京都美術館学芸員、

アート・コミュニケーション係長

1972年横浜生まれ。青山学院大学にて修士、ロンドン大学UCLにて修士修了。専門は芸術学、文化資源学。神奈川県立近代美術館勤務を経て、2011年より東京都美術館のアート・コミュニケーション事業を統括。共著『100人で語る美術館の未来』(慶応義塾大学出版)、監修『ペネロペと名画をみよう』(岩崎書店)等。


伊藤達矢(いとう・たつや)東京藝術大学美術学部特任准教授、

とびらプロジェクト / Museum Start あいうえの マネージャ

1975 年福島県西会津町生まれ。東京藝術大学大学院博士課程美術教育修了。博士号取得。アートプロジェクトのディレクションなど、多様な文化プログラムの企画立案に携わる。共著に『TOKYO1/4 が提案する東京文化資源区の歩き方』(勉誠出版)、『ミュージアムが社会を変える〜文化による新しいコミュニティ創り』(現代企画室)等。


スペース

美術館と大学と市民がつくるソーシャルデザインプロジェクト

編:とびらプロジェクト

著:稲庭彩和子・伊藤達矢

□ 判型:四六判
□ 総頁:272頁
□ 製本:並製
□ 定価:1,600円+税
□ISBN978-4-86152-700-5 C0070

Amazonでご予約    購入ページへ

日本写真史 1945-2017
ヨーロッパからみた「日本の写真」の多様性

イギリスで生まれた日本写真史、入門書。
戦後から現代まで、写真家約70名の作品200余点収録! ! 

 

近年、海外で注目が高まる「日本の写真」。世界から日本写真史を概観する書籍が求められるなか、日本に造詣が深いイギリス在住のキュレイターによる画期的な一冊が誕生した。著者自ら、日本を代表する25名の写真家にインタビューを敢行。作家たちの生の声を追いながら、「リアリズム」「ガーリーフォト」など、社会的変遷を背景に発展した日本の写真史を紐解いていく。

 

特設ページ>>

イギリスのキュレイターによる新鮮な切り口の日本写真史! 
写真家たちの作品世界を、グローバルな視点で解き明かしている。
飯沢耕太郎(写真評論家/本書監修者)

 

 

<インタビュー収録作家>

荒木経惟、安齋重男、石内都、伊島薫、大森克己、川内倫子、川田喜久治

北井一夫、澤田知子、志賀理江子、柴田敏雄、須田一政、鷹野隆大

土田ヒロミ、TokyoRumando、長島有里枝、蜷川実花、野村佐紀子

畠山直哉、HIROMIX、細江英公、森村泰昌、森山大道、吉行耕平、米田知子

 

 

レーナ・フリッチュ
ドイツ出身。アシュモレアン博物館にて、近現代美術のキュレイターとして海外美術の展示や展覧会の企画を担当。以前はテート・モダンの海外美術部門にて、アシスタント・キュレイターとして、アジア太平洋地域の美術品の収集や展示を担当した。著書に『Yasumasa Morimuras“Self-portrait as Actress”: Uberlegungenzur Identitat』(2008 年)など。

飯沢耕太郎(いいざわ・こうたろう)
写真評論家。1977年、日本大学芸術学部写真学科卒業。1984年、筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。執筆活動のほか、写真展覧会の審査、企画等も手がける。

スペース

日本写真史 1945-2017

著:レーナ・フリッチュ
監修:飯沢耕太郎

□ 判型:A4変
□ 総頁:288頁
□ 製本:並製
□ 定価:5,500円+税
□ISBN 978-4-86152-690-9 C0072

Amazonでご予約  購入ページへ

Swimming Pool

幾何学とパステルカラーの静謐な世界
スロヴァキア発・世界が注目する写真集、日本初刊行! ! 

 

社会主義体制下の面影を残すスロヴァキアのプール施設を舞台に、凍りついたような人物たちが佇む白昼夢。透き通るような色彩で幾何学的に構成された世界は、遠い未来のようであり、どこか懐かしさも感じさせる。
ハッセルブラッドマスターズアワード2018(アート部門)を受賞し、SNSでも注目を集める気鋭のスロヴァキア人写真家、待望の初写真集。

 

特設ページ>>

 

 

マーリア・シュヴァルボヴァー(Maria Svarbova)
1988年生まれ、スロヴァキア出身。大学で文化財修復と考古学を学んだ後、写真表現に活躍の場を移し、先端的な表現で注目を集める。
Instagramフォロワーは20万人を超える。日本では村田製作所の広告写真を手がける。

 

 関連展示

「Maria Svarbova Asia Premier」
花博流行館(台湾)2018年10月20日~11月18日

スペース

Swimming Pool

著:マーリア・シュヴァルボヴァー

□ 判型:B4変
□ 総頁:108頁
□ 製本:上製
□ 定価:3,800円+税
□ISBN 978-4-86152-689-3 C0072

Amazonでご予約   

 □2018年12月刊行予定

レ・ロマネスク TOB Iのひどい目。

2014年から2017年にかけ、ほぼ日刊イトイ新聞にて不定期連載された
人気企画「レ・ロマネスクTOBIのひどい目。」、待望の書籍化! ! 


ポップデュオ「レ・ロマネスク」のボーカルTOBI(トビー)氏がこれまでの人生において幾度となく遭遇した、ちょっと考えられないような「ひどい目」のエピソードを、書籍オリジナルのコンテンツを加えて書籍化。本当に「ひどい」エピソードにも関わらず、TOBI氏の語り口の軽妙さから、笑っちゃいけないと思いながら大笑いしてしまう、読むと元気が出る本。

 

 

TOBI(トビー)
ポップ音楽ユニット「レ・ロマネスク」のメインボーカル。
コーラス・ギター担当のMIYA(ミーヤ)と一緒に、フランスのパリでデュオ結成。世界12カ国50都市以上で公演したのち、2011年フジロック出演を機に帰国。NHK Eテレ「お伝と伝じろう」のメインキャストに抜擢され、シングルを次々と発表。その後、公式ファンブック出版、アルバムリリース、ラジオ番組のメインパーソナリティを務めるほか、カンボジアでチャリティソング発売、アプリによる完全無音コンサート開催など、精力的に活動中。

スペース

レ・ロマネスク TOB Iのひどい目。

著者:TOBI、奥野武範
□ 判型:四六判
□ 総頁:240頁
□ 製本:並製
□ 定価:2,000円+税
□ISBN978-4-86152-694-7 C0095

< 前のページ 次のページ >

↑TOPへ戻る