イベント

ジョルジュ・ルオー アイラブサーカス展10月6日よりパナソニック汐留ミュージアムで開催。

ルオーは道化師を中心にサーカスにまつわる多様な人物像を描き、誰よりも優れた「道化師の画家」と呼ばれました。
本展ではパリのルオー財団の特別協力により、サーカスを着想源にして描いた初期から晩年までの重要な版画と絵画が一堂に集結します。
また、ルオーが実際に見たサーカスのポスターやプログラム、当時の新聞・雑誌記事や絵葉書などの重要な資料も初公開。
19世紀末から20世紀初頭のサーカスやキャバレー文化を追いながら、ルオーの思想とサーカスとの接点を探り、ルオーがこのテーマを繰り返し描くことで何を表現したかったのかを解き明かす展覧会です。

同展展覧会カタログ兼書籍『ジョルジュ・ルオー サーカス 道化師』を10月中旬に発売予定。


会期:2012年10月6日(土)-12月16日(日)
会場:パナソニック汐留ミュージアム
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/12/121006/index.html


◎関連プログラム
参加費無料、要予約 ※詳細は上記HPにてご確認ください

【山田五郎アートトーク】
人気テレビ番組「ぶらぶら美術・博物館」(BS日テレ)などでおなじみの山田五郎さんが、ルオーや同時代の画家たちに着いて楽しく美術談義します。
日時:11月2日(金)13:30~14:30

【サーカスワークショップ】
「ジャグリングに挑戦!きみも即席パフォーマー」
講師:金井圭介氏
日時:11月10日(土)14:00~15:30

【展覧会監修者によるスライドトーク】
講師:後藤新治氏(西南学院大学教授)
日時:12月1日(土)13:00~14:00

2012.
10.06
 |
12.16

↑TOPへ戻る