イベント

山口晃 平等院養林庵書院 襖絵奉納記念展
11月2日より「えき」KYOTOにて開催!

日本美術をたくみに引用しながら、透徹した眼で現代世界を描く画家・山口晃。
大和絵や浮世絵を思わせる伝統的手法を取り入れつつ、キャンパスと油絵具を使うという独特な表現で、人物や建築物などを緻密に描き込む画風で知られています。
武士を馬型のバイクに乗せ、超高層ビルに瓦屋根を描くなど、過去、現在、未来の時空を混在させながら、現代の日本の姿を批判精神・ユーモアを交えて描き出す作品は、日本のみならず世界からも幅広く人気を得ています。

この秋、京都宇治の世界遺産・平等院へ襖絵を奉納することが決定。
11月の平等院養林庵書院襖絵一般公開に併せ開催する本展では、ドローイング、油絵から立体作品および挿画まで一堂に公開されます。


山口晃 平等院養林庵書院 襖絵奉納記念
「~山口晃と申します 老若男女ご覧あれ〜」展
会期:11月2日−12月2日
会場:美術館「えき」KYOTO
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/floorevent/index_7f.html


◎関連イベント

山口晃トークショー

日時:2012年11月3日(土・祝)13:30開場。15:30終演予定
会場:キャンパスプラザ京都5階 第1講義室(JR京都駅ビル駐車場西側)
定 員:250人(小学生以上)
料金:600円(山口晃展入館券付)
※自由席。開場時間に券面の整理番号順にご入場いただきます。
※イベント内容が変更、または中止になる場合がございます。予めご了承ください。




平等院養林庵書院 襖絵奉納特別公開


桃山時代の遺構である養林庵書院(重要文化財)内部には狩野派一門による障壁画があり、それに連なる襖絵14面を山口晃が制作。
平成の大和絵師が歴史空間に挑みます。
公開日:11月3日(土・祝)、4日(日)、10日(土)、11日(日)、17日(土)、18日(日)、23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)
12月1日(土)、2日(日)

公開時間:10:00−15:00

会場:京都府宇治市宇治蓮華116
拝観料:1300円(平等院入場料込み)

※鳳凰堂は修復工事のため、拝観できません。

2012.
11.02
 |
12.02

↑TOPへ戻る