イベント

琳派400年記念 琳派からの道 神坂雪佳と山本太郎の仕事

近代において琳派を継承し、京の地で琳派芸術を復興させた神坂雪佳。そして現代において先人たちの志と意匠を継承する絵師、山本太郎。琳派の親しみやすさと気品、そして伝統的技法を踏襲しつつ、まだ誰も観たことのないような意表をつくユーモラスな作風は二人の絵師に共通する作家独自の感性です。琳派400年記念の年に開催する本展は、神坂雪佳、山本太郎という二人の琳派の絵師の歩みを「仕事」という視点から再発見し、過去から現代、そして未来へと流れる琳派の道を、二人の仕事を比較しながら、屏風や軸装、工芸など約100点の作品を展覧します。
(美術館「えき」KYOTO HPより引用)

会期:2015年10月23日(金)~11月29日(日)

時間:10:00-20:00 (入館は19:30まで)

会場:美術館「えき」KYOTO

詳しくは、こちらをご覧ください。

関連書籍

『琳派400年記念 琳派からの道 神坂雪佳と山本太郎の仕事』

http://www.seigensha.com/newbook/2015/09/15120438

2015.
10.23

 |

11.29

琳派400年記念 琳派からの道 神坂雪佳と山本太郎の仕事

↑TOPへ戻る