イベント

「”TOKYO”―見えない都市を見せる」東京都現代美術館

 東京オリンピック・パラリンピックを2020年に控え、東京は文化都市としてどのような姿を見せているのでしょうか? デジタル化、商業化された文化の外観は、フラットでとらえどころのない荒野、洗練されているゆえに冷たい氷河のようにも見えます。東京が最初にグローバルに注目されたのは1980年代。ユニークな文化を生み出す東京の創造力がそこで一度花開きました。その後、震災と経済不況を経て、いま次なる文化を模索するプラットフォームがたちあがりつつあります。(…)
 ”TOKYO”展は、80年代の東京の文化の命脈–熱いマグマを引き継ぎながら、氷河を割って現れようとしている現在の東京の創造力を見せる展覧会です。アートだけでなく、音楽、映像、デザインなど幅広いメディアを通して、現在の可能性を「見えるように」していきます。
(東京都現代美術館 HPより抜粋)

会期:2015年11月7日(土)~2016年2月14日(日)

休館日:月曜日(2015年11月23日、2016年1月11日は開館)、11月24日、12月28日~2016年1月1日、1月12日

時間:10:00-18:00

会場:東京都現代美術館

詳しくは、こちらをご覧ください。

関連書籍

『TOKYO 見えない都市を見せる

http://www.seigensha.com/newbook/2015/10/20102045

2015.
11.07

 |

2016.

02.14

東京都現代美術館 TOKYO 見えない都市を見せる

↑TOPへ戻る