イベント

片桐功敦×管啓次郎 「未来に捧ぐ、再生のいけばな」
『Sacrifice』刊行記念トークイベント

大阪・堺を本拠地として活動する華道家、片桐功敦。みささぎ流家元である彼は東日本大震災の衝撃を正面から受け止め、被災地である福島県南相馬市に長期滞在。花をいけることの意味を根源的に問い直しつつ、亡くなった人々への追悼、土地のすべての命への愛惜の気持ちをこめて、現地制作をつづけてきました。

その活動の記録が一冊の本としてまとめられたのを機に、詩人でアメリカ・インディアン思想論の著書もある管啓次郎と、人にとって花とは何なのか、土地にとって人とは何なのかをめぐる、公開対話をします。2011年3月11日から5年がすぎようとする今、言葉なき花のささやきに、一緒に耳をかたむけてみませんか。

(本屋B&B HPより引用)

 

日時:2016年2月14日(日)

時間:19:00~21:00(18:30開場)

会場:本屋B&B(東京)

出演:片桐功敦(華道家)
   管啓次郎(詩人・明治大学教授)

入場料:1,500円+1ドリンクオーダー

詳細はこちら:http://bookandbeer.com/event/20160214b_sacrifice/

 

 

関連書籍:片桐功敦『Sacrifice 未来に捧ぐ、再生のいけばな』

http://www.seigensha.com/books/978-4-86152-522-3

2016.
02.14

↑TOPへ戻る