イベント

国芳イズム―歌川国芳とその系脈
武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション

悳俊彦(いさお・としひこ/1935~)は風土会に所属し一貫して武蔵野の自然を描く洋画家です。また歌川国芳、月岡芳年など幕末・明治期の浮世絵に早くから着目しコレクションしてきた蒐集家・研究者として、国内はもちろん、海外でも高い評価を受けています。本展では、初公開の作品を多数含む、幕末・明治期の浮世絵コレクションを紹介し、武蔵野を描く悳氏の油彩画も併せて展覧します。

(練馬区立美術館HPより引用)

 

場所:練馬区立美術館

日時:2016年2月19日(金)~4月10日(日)

   月曜休館 ※ただし、3月21日は開館、翌22日(火)休館

時間:10:00 ~ 18:00(入場は17:30まで)

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.neribun.or.jp/web/01_event/d_museum.cgi?id=10276

 

関連書籍

『国芳イズム―歌川国芳とその系脈』

http://www.seigensha.com/newbook/2016/01/12181225

2016.
02.19

   |

04.10

↑TOPへ戻る