イベント

VIVID 銘仙ー煌めきのモダンきものー展

大正から昭和前半に日本女性の間で大流行した着物・銘仙。当時の女性のファッションの中心は、斬新なデザイン、鮮やかな色、しかも庶民の手の届く値段の銘仙でした。本展では各産地の優れた銘仙を「VIVID MEISEN」と名づけ、約70点の着物と当時の図案やポスターなどを紹介します。(公式サイトより抜粋)

 

会期:2016年 10月22日(土)~12月25日(月)

会場:  足利市立美術館

公式サイト:http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/2016meisen.html

 

 関連書籍

『 VIVID銘仙 煌めきの着物たち 「大正ロマン」から「昭和モダン」へ 

2016.

10.22

 |

12.25

↑TOPへ戻る