イベント

「生誕220年広重展」東海道五拾三次を描いた天才風景絵師

青幻舎プロモーション企画、「生誕220年広重展」が鹿児島市立美術館にて開催されます。代表作の保永堂版『東海道五拾三次』を全作品揃えるとともに、主要な風景版画作品合わせて約150点を展示。また、また、ゴッホが模写したことでも有名な『名所江戸百景』の「亀戸梅屋舗」と「大はしあたけの夕立」の2点も特別展示されます。斬新で親しみやすい風景版画の世界をお楽しみください。

 

 

「生誕220年広重展」東海道五拾三次を描いた天才風景絵師

会場:鹿児島市立美術館

日時:2017年3月24日(金)~5月7日(日)

 展示詳細 >>

 

関連書籍

広重——雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく

 

 

2017.

03.24

 |

05.07

 

↑TOPへ戻る