青幻舎マガジン
東京新景 Risen in the East
佐藤信太郎
vol.04

2010.8.15 江戸川区平井

JR平井駅から徒歩15分ほどの場所にある旧中川では毎年、終戦記念日に灯篭流しが行われる。昭和20年の東京大空襲の犠牲者の慰霊のためだ。旧中川での死者は2,800人と伝えられる。今では川の両岸に団地が立ち並び、天気がいい日には川べりでバーベキューをする人たちの姿も見られるのどかな光景の下には悲惨な歴史の層が埋め込まれている。
夏の夜に多くの人が集まるこのイベントは、そうした過去が偲ばれ厳粛な気持ちになる一方で子どもの姿が多く見られ、屋台も出ているためか、ざわざわとした楽しさも感じられる。橋の上から眺める人、暗闇で子どもを抱いて佇む母親、ベランダから眺めるお年寄りや子どもなど、灯篭流しそのものよりもそれを見つめる人たちの様子に強く惹きつけられる。橋の向こうにそびえ立つタワーは、人々の営みを見守る慰霊塔のようにも感じられる。

PROFILE

佐藤信太郎
(さとう しんたろう)

【経歴】
1969年東京都生まれ。
1992年東京綜合写真専門学校卒業。
1995年早稲田大学第一文学部卒業。
共同通信社に入社。
2002年フリーランスとなる。
2008年日本写真協会新人賞
2009年千葉市芸術文化新人賞受賞
2012年林忠彦賞受賞

【写真集】
『非常階段東京』(2008年 青幻舎)
『東京|天空樹』(2011年 青幻舎)

【公式ウェブ】
http://sato-shintaro.com/

【写真展】
「東京|天空樹 Risen in the East」開催中!フォト・ギャラリー・イン ターナショナル
2012年1月13日(金)~2012年2月25日(土)

RECOMEND

佐藤信太郎写真集

東京|天空樹

この本の詳細を見る>

BACKNUMBER

CONTENTS

↑TOPへ戻る