新刊案内

飛翔 奇跡の天才書家・金澤翔子「書の世界」

母と二人三脚で書道家の道を歩むダウン症の書家・金澤翔子。
1985年、東京生まれ。5歳のとき、母、金澤泰子(雅号/蘭鳳)に師事し、書道を始める。2004年、19歳で雅号「小蘭」を取得。
翌2005年、初の個展「翔子・その書の世界」を開催し、奇跡の天才書家として注目をあつめる。
その後、建長寺(鎌倉)、建仁寺(京都)など、多くの個展を開催し、人々に感動と勇気と希望を与えています。
本書では、躍動感に溢れ、慈愛に満ちた秀作32点を掲載。
手軽で親しみやすいポストカードブックとして紹介します。

知的に生涯を持つ故に、翔子は世俗に染まらない独特の知性を持ち合わせています。現代社会の構造の中で生きなければならない私達には、どうしても到達出来ない、「魂の純度の高い領域」で書いているのでしょう。
そんな無心の魂が天と繋がっていて、翔子の書に「書の神様が降りてきた!」と思う瞬間があり、そんな時に水際立った素敵な書が生まれるのです。

金澤泰子 -序文より抜粋―

金澤翔子プロフィール
1985年 東京に生まれる。
1990年 書道をはじめる(母・蘭鳳に師事)。
1995年 10歳で「般若心経」を書く。
2005年 銀座書廊にて初個展。
2006年 建長寺(鎌倉)に「慈悲」を奉納。
2008年 銀座松坂屋にて個展。
2009年 建長寺(鎌倉)、建仁寺(京都)で個展。以後毎年開催。
2009年 建仁寺(京都)に「風神雷神」を奉納。
2011年 増上寺(東京)にて席上揮毫。
2011年 渋谷文化村にて個展、席上揮毫。

□ 判型:A6判
□ 総頁:32葉
□ ポストカードブック
□ 定価:1,260円
 (本体1,200円+消費税)
□ ISBN 978-4-86152-309-0 C0070

↑TOPへ戻る