新刊案内

”出井豊二・はり絵の世界 ―京の町家とkyoはり絵・技法―”

京都のまちの文化遺産。

風情ある「京町家」の佇まいを目でも手でも味わえる一冊。
京都の伝統的な町家をテーマに発表を続ける出井豊二。
近年、古い町家は次々と姿を消し、京都の町並みが大きな変貌を余儀なくされているなかで、京都の風情を”はり絵”で残すことに使命を感じて新作を発表。
作品は、古色に溢れ、情緒感豊かに表現され、古都のゆかしい手触りを伝えています。
文化が凝縮された京町家の魅力を伝える一冊です。

*スリーブケースはそのまま作品として使用できます。

主な収録作品
「杉本家」(重要文化財)「中村藤吉本店」「寺田屋」「亀谷末廣」「松野醤油」ほか、古都・京都のランドマークとして、現在も現役として機能している「京町家」25軒を収録。

□ 判型:A4変型
□ 総頁:72頁
□ 予価:2,310円(本体2,200円+税)

□ 並製
□ ISBN 978-4-86152-370-0 C0071

↑TOPへ戻る