新刊案内

”マリリン・モンロー魂のかけら―残された自筆メモ・詩・手紙”

よみがえる”20世紀の美神(ヴィーナス)”!
全米で10万部のヒットを記録し世界各国で翻訳が相次いでいる話題の書、待望の日本語版。


20世紀最大のイコンにして永遠のセックス・シンボル、マリリン・モンロー。
本書は没後50年にあたり、マリリン本人の手記やメモ、詩を1冊にまとめた本邦初公開の遺稿集。
歓び、哀しみ、深い孤独・・・そこには、繊細にして知的、揺れ動くひとりの女性の心情が率直に綴られています。
女優として、そして女として、懸命に人生を生きて、無垢な魂で愛したマリリンの素顔が未公開の資料から浮かび上がります。



すべてのコインがそうであるように、彼女には二つの面があった。
輝く金髪を波打たせる晴れやかで光に満ちた面。そして暗い面。
自身を破滅に追い込む過度な完璧主義者の面である。
「私の中には灰色の側面がある。悲しい側面もある」マリリンはインタビューでそう答えている。
(編者まえがきより)


編著:スタンリー・バックサル、ベルナール・コマーン
翻訳:井上篤夫
特別寄稿:五木寛之「悪しき時代の美しき証人」

□ 判型:A5判
□ 総頁:260頁

□ 定価:2,310円(本体2,200円+税)

□ ISBN 978-4-86152-365-6 C0076

↑TOPへ戻る