新刊案内

『明治のこころ—モースが見た庶民のくらし』

豊かさより、便利さより、大切なものがあった

明治初期、大森貝塚を発見したモースは日本人のくらしぶり、心根に感動し、膨大な数の日常道具、ガラス原版写真など収集しました。本書は、全米最古の博物館ピーボディ博物館のモース・コレクションから厳選した400点余により、現代の私たちに「日本人の心」を伝えるものです。

展覧会情報
2013年9月14日–12月8日
江戸東京博物館にて同タイトル展開催

著者略歴
米国人・エドワード・モース(1838-1925)は、1877年、近代国家を目指す明治政府の「お雇い外国人」として来日。東京大学初代動物学教授に就任。近代考古学発祥の地「大森貝塚」を発見したことで知られる。3回通算約4年間に渡り日本に滞在中、日本の人々の暮らしを見つめ続け、日用品、陶器、道具類を膨大な数の資料を収集。スケッチ、取材日記など貴重な資料を残した。

明治のこころ--モースが見た庶民のくらし

□ 判型:B5型
□ 総頁:224頁
□ 定価:2,300円(本体2,190円+税)
□ 並製
□ ISBN 978-4-86152-409-7 C0021

↑TOPへ戻る