新刊案内

金川晋吾 father

人間の「わからない心」を、写真を通して見つめ続けた彷徨の軌跡

ごく普通の日常を捨てて、突然失踪する父。家族の戸惑いをよそに、戻っては失踪を繰り返した。
家族から離れ、一人になってからも父は失踪を続け、仕事も辞め、自己破産に至り、社会との接点をもたなくなる。
本書は、父親の存在と不在を通じて人間の心の奥底を「身近な他者」としてとらえた新鋭写真家の初作品集となる。

金川晋吾(かながわ・しんご)
1981年、京都府生まれ。神戸大学発達科学部人間発達学科卒業。東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻博士課程修了。第12回三木淳賞受賞。本書が初めての著書。

特設ページで内容を少しだけご覧いただけます。

金川晋吾 father

□ 判型:B5判
□ 総頁:172頁
□ 並製
□ 定価:2,700円+税
□ ISBN 978-4-86152-526-1 C0072

Amazonでご予約  購入ページへ

↑TOPへ戻る