新刊案内

へんてこな春画

大英博物館「春画展」キュレーターが厳選した春画とその元ネタ150!

名所が女体に!? 地球が性器に!?

神様も、タヌキも、名作も、人気役者も…!!

すべてのものをアチラに取り込む

オモシロ春画、ご開帳。

エロに笑いを持ち込まないでください。

    ……山田五郎(本書対談より)


石上阿希(いしがみ・あき) 
1979年、静岡県生まれ。立命館大学文学部卒、同大学院文学研究科博士課程後期課程修了。博士(文学)。2013年に開催された大英博物館春画展のプロジェクトキュレイターをつとめる。立命館大学専門研究員を経て、現在、国際日本文化研究センター特任助教。著書に『日本の春画・艶本研究』(2015年、平凡社)、編著に『西川祐信を読む』(2013年、立命館大学アート・リサーチセンター)、共著に『Shunga:sex and pleasure in Japanese art』(2013年、The British Museum Press/『大英博物館 春画』2015年、小学館)、『葛飾北斎 萬福和合神』(2014年、木楽舎)など。2010年に「近世艶本総合データベース」を公開。2015年国際浮世絵学会新人賞。

へんてこな春画

著者:石上阿希
□ 判型:A5横
□ 総頁:192頁
□ 並製
□ 定価:2,300円+税
□ ISBN 978-4-86152-538-4 C0071

Amazonでご予約  購入ページへ

↑TOPへ戻る