新刊案内

オランダ・ヒンデローペン 美しい絵付け工芸の村

オランダ伝統絵付け「ヒンデローペン」のすべてがここに!

ヒンデローペンは、17世紀に建てられた石造りの建物が今もそのまま残る、まるで童話の国のように美しい小さな村です。
その村に伝わる伝統工芸のヒンデローペンは、木製の家具や小物に色鮮やかな彩色を手で施したもの。花・草・唐草模様をベースにした絵柄は心を和ませます。
ヒンデローペンに出会って30年の著者が現地の人気作家などの主な作品や、技法の解説やヒンデローペン村の魅力などを余すことなく紹介します。  

オランダ政府観光局 推薦図書 

宮本美夏(みやもと・みか)
1986~1991年のオランダ在住中に、ヒンデローペンに出会う。1991年帰国、作家活動を始め、現在「日本とオランダの伝統文化の出会い」というテーマで作品を制作し活動するほか、ヒンデローペンの蒐集家・研究家でもある。

オランダ・ヒンデローペン 美しい絵付け工芸の街

著:宮本美夏
□ 判型:B5変
□ 総頁:144頁
□ 並製 
□ 定価:本体2,900円+税
□ ISBN978-4-86152-555-1 C0072

Amazonでご予約  購入ページへ

↑TOPへ戻る