新刊案内

くもんの子ども浮世絵コレクション
遊べる浮世絵 江戸の子ども絵・おもちゃ絵大集合!

浮世絵で知る、江戸の子どもの姿と文化

子どもが主役の楽しい浮世絵大集合!

 

春信、歌麿、広重、国芳・・・・・・浮世絵の巨匠たちは、役者や美人だけでなく、子どもが主役の絵にも力を注いだ。溌剌と遊ぶ子どもの表情、睦み合う親子の姿、はたまた遊び心満載の「おもちゃ絵」など、“遊び”の要素で切り取った新鮮でユニークな浮世絵約170点を収載。

 

藤澤 紫(ふじさわ むらさき)

國學院大學教授。学習院大学大学院・学習院女子大学大学院非常勤講師。国際浮世絵学会常任理事。著書に『鈴木春信絵本全集』(勉誠出版)、『遊べる浮世絵―体験版江戸文化入門』(東京書籍)、分担執筆に『超域する異界』(勉誠出版)、『浮世絵大事典』(東京堂出版)など。

 

加藤 陽介(かとう ようすけ)

練馬区立美術館学芸員。専門は日本近世絵画史。主な企画浮世絵展に『小林清親 文明開化の光と影をみつめて』(練馬区立美術館ほか 2015年)、『国芳イズム―歌川国芳とその系脈』(練馬区立美術 2016年)、『芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師』(島根県立石見美術館ほか 2016年)がある。

 

 

関連展示

広島県立美術館 会期:2018年1月5日~2月12日

 

関連書籍

『いろは判じ絵 —江戸のエスプリ・なぞなぞ絵解き』

 

遊べる浮世絵

監修・執筆者:藤澤紫
執筆者:加藤陽介
□ 判型:A5判横変型(148×207mm)
□ 総頁:232頁
□ 製本:並製
□ 定価:2,000円+税
□ISBN 978-4-86152-659-6 C0071

Amazonでご予約 

□2017年1月上旬刊行予定

↑TOPへ戻る