新刊案内

青山義雄画集 II

マティスが認めた「色彩」で、生きることの「幸せ」を描く 

南仏に暮らし、ヨーロッパを旅し、92歳で日本にるまで。

 

1921年(大正10)年にフランスに渡り、ニースの画廊で偶然に絵を見たマティスに「この男は色彩をもっている」と称賛を受けた青山義雄。戦中の数年の帰国を除き、92歳までフランスで暮らしヨーロッパ各地を旅した。日本人離れした自由な感性で、人生を謳歌し描いた世界は、没後20年を経てもなお人生と絵画の幸福を私たちに伝えてくれる。

 

青山義雄(あおやま よしお)

1894年(明治27)年、神奈川県横須賀市生まれ。大下藤次郎が主宰していた日本水彩画会研究所で学ぶ。1921年(大正10年)渡仏。サロン・ドートンヌに入選。南仏での暮らすなかでマティスと出会う。当代一流の絵画コレクターであった福島繁太郎と親交を結び、梅原龍三郎に嘱望されて国画会の会員となる。戦中の帰国ののち再渡仏。92歳に帰国。102歳で死去。

 

 

関連書籍

『青山義雄画集 I』

関連展示

横須賀美術館 2018年 2月10日(土)~ 4月15日(日)

 

 

青山義雄画集

著者:青山義雄
□ 判型:297×297mm
□ 総頁:144頁
□ 製本:上製本カバー掛け
□ 定価:3,700円+税
□ISBN 978-4-86152-605-3 C0071

Amazonでご予約 

□2017年12月初旬刊行予定

↑TOPへ戻る