新刊案内

京都日常花Vol.2
市井のいけばな十二ヶ月

伝統が息づく洛中に、凛と咲く生け花の四季

 

京都の街の中、日常の風景として至る所で目にすることのできる生け花。料理屋、寺院、古美術店など、専門家によらなくとも、生け花の基本である“奉り”の精神がさりげなく表現されている。古都で培われてきた花への敬いの姿勢を、シーンに応じた器との取り合わせ、ときに現代的な空間演出とともに一年を通して紹介。

 

《掲載店舗例》
菊の井、大徳寺瑞峯院、Gallery日日、亀屋良永、無鄰菴など約60軒を掲載

 

関連書籍

『京都日常花』

京都日常花Vol.2 市井のいけばな十二ヶ月

□ 判型:A5判
□ 総頁:160頁
□ 並製
□ 定価:本体2,500円+税
□ ISBN978-4-86152-664-0 C0072

Amazonでご予約  

□2018年3月中旬刊行予定

↑TOPへ戻る