新刊案内

翠花庵の草花あそび

季刊「銀花」でデビューから30年 ひそやかに切り開いてきた独自の世界


紙の美しさに見惚れて、ためつすがめつ眺めているうちに、その美しさを引き立たせるなにかが描きたくなる。それは、絵とは限らない。活字のような手描き文字のこともある。和綴じ本、掛軸、切手やカルタ……紙のかたちにも凝る。「紙に寄り添う美」を紙に写す現代の絵師・川岸富士男の独自の世界を手元で楽しむ初の作品集。

 

川岸富士男(かわぎし ふじお)

1952年群馬県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。会社に勤務しながら1977年、手描き本「翠花」の制作を開始し、1989年に季刊誌「銀花」(第78号)に「翠花」10冊が紹介されたのを契機に初個展開催、2年後、再び「銀花」(第88号)に「椿絵八十八種」特集が掲載され、二度目の個展を開催。1992年、会社を退職し、画業に専念。都内ギャラリーを中心に各地で個展を開催している。

 

 

関連展示

銀座一穂堂 2018年6月2日〜 6月9日/ 松屋銀座 2018年6月27日〜7月3日
ギャラリーくぼた 2018年9月3日〜 9月16日予定 他

翠花庵の草花あそび

著者:川岸富士男
□ 判型:B5
□ 総頁:128頁
□ 製本:並製
□ 予価:3,200円+税
□ISBN 978-4-86152-679-4 C0071

Amazonでご予約  

□2018年5月下旬刊行予定

↑TOPへ戻る