新刊案内

信仰と美の出会い 棟方志功の福光時代

人生を変えた奇跡の土地・富山県福光

「南無阿弥陀仏」から「世界のムナカタ」への胎動の6年間

棟方芸術の源泉がここに結実


昭和20年、40歳代の棟方が疎開した富山県福光での6年の日々は、民藝の柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司らとの交流をはじめ、浄土真宗の地での「自己覚醒」など、後年世界を舞台に活躍する棟方に多大な影響を与えた。本書は、図版約370点のほか、 絵入りの外箱・書簡・書籍など珍しい資料類約50点も収録。信仰から人生観まで人間・棟方に迫る。

 

 

石井頼子(いしい・よりこ)

1956年、東京生まれ。棟方志功の孫。棟方と生活を共にし、制作風景に接しながら育つ。棟方板画美術館元学芸員。実体験により知られざる棟方の紹介に努める。著書に『棟方志功の絵手紙』(共編・二玄社2006年)、『棟方志功の眼』(里文出版2014年)、『言霊の人 棟方志功』(里文出版2014年)がある。日本民藝館運営委員。

 

尾山章(おやま・あきら)

1943年富山県生まれ。金沢美術工芸大学卒業。元福光美術館副館長。『富山福光疎開時代 棟方志功作品集』(東方出版)監修者の一人。

 

 

関連書籍

『ちいさな美術館 棟方志功』



展覧会情報

釧路市立美術館 2018年7月7日〜8月26日以降、全国巡回展が決定

棟方志功の福光時代

監修 / 執筆:石井頼子・尾山章

□ 判型:B4
□ 総頁:244頁
□ 製本:並製
□ 定価:2,500円+税
□ISBN 978-4-86152-687-9 C0071

Amazonでご予約  

□2018年7月上旬刊行予定

↑TOPへ戻る