新刊案内

日本の楽園島

三好和義の代名詞、楽園シリーズの新たな到達点。美しき極彩色の世界

木村伊兵衛賞を受賞し、異例のベストセラーになったデビュー写真集「RAKUEN」以降、著者がライフワークとして、続けている「楽園」シリーズの最新作。
これまでにタヒチやモルディブ、沖縄など国内外を対象に撮影を続けている本シリーズ。今作では沖縄を含む南西諸島を舞台に、初めて訪れる島から何十年通い続けている島までの16の島々を巡りました。最新の機材を使って撮影された、緻密で豊かな表現は、新境地と呼ぶにふさわしい美しさを湛えています。

 

 

三好和義(みよし・かずよし)
1958年徳島市生まれ。中学時代に単独で沖縄先島へ撮影旅行に出掛ける。大学時代に本格的にプロ活動を始め、27歳の時、当時最年少で木村伊兵衛写真賞を受賞。以降「楽園」をテーマのモルディブ、タヒチ、セイシェルなどで撮影。出版した写真集は60冊を超える。近年は日本文化に関する撮影も多く「日本の世界遺産」「室生寺」などの写真集を制作。2018年 東大寺境内で写真展を開催。2020年 大型豪華本「東大寺」を出版。

 


展覧会

三好和義 写真展 日本の楽園島

会期:8月20日〜9月7日

会場:THE GALLERY 新宿2

10月よりニコンプラザ大阪にて開催予定

日本の楽園島

著者:三好和義

□ 判型:A4
□ 総頁:128頁
□ 製本: コデックス製本
□ 定価:3,200円+税
ISBN978-4-86152-808-8 C0072

↑TOPへ戻る