新刊案内

I Stand Alone 音楽、映画、アート、食、そして旅。
96のキーワードでひもとく立川直樹という生き方

音楽、映画、アート、食、旅。いま語りおろされる、生きる巧者の日々。

1964年、日本ではまだ馴染みのなかったプロデューサーという仕事をして生きていくと15歳で心に決め、21歳でザ・タイガースを中心とした野外ライブをプロデュースした立川直樹。以降、チェット・ベイカー、デヴィッド・ボウイから十八代中村勘三郎、伊丹十三まで、ジャンルにこだわらず、自由に、軽やかに、プロデューサー・音楽監督・作家としてエンターテインメントを創造してきた。数々のアーティストとの逸話や本物を見抜く知性とセンスと愉しみを96のトピックで語りおろす。

テオ・マセロ/演出家部屋/求められるもの/セルジュ・ゲンスブール/ボブ・ディラン/デヴィッド・ボウイ/謎の男/伊丹十三/音楽監督/ヴィスコンティ家/篠山紀信/中村勘三郎/居眠り/ややこしい人/ええかっこしい/ナンバー2/シャイン・オン・ユー・クレイジー・ダイヤモンド/1969/機械おんち/片づけ魔/長髪/車/魚屋/知らない場所/もやし炒め/失われた雲丹を求めて/デザート/端数/遅刻/好奇心/カム・レイン・オア・カム・シャイン/I Stand Alone など

 

 

立川直樹
1949年、東京で生まれる。70年代の始まりからメディアの交流をテーマに、プロデューサー/ディレクターとして音楽、映画、美術、舞台など幅広いジャンルで活躍。『セルジュ・ゲンスブールとの一週間』、『TOKYO1969』、『ザ・ライナーノーツ』など著書も多数。

西林初秋
1962年、大阪で生まれる。コピーライターとして数々の企業のプロモーションに携わり、大阪コピーライターズクラブ新人賞、毎日広告デザイン賞部門賞など広告賞も多数受賞。映画制作や雑誌の編集、ラジオDJなど活動も多岐にわたる。

立川直樹

著者:立川 直樹
         西林 初秋

□ 判型:B6

□ 総頁:256頁
□ 製本: 並製
□ 予価:2,000円+税
ISBN 978-4-86152-814-9 C0073

Amazonでご予約

  2020年9月刊行予定

↑TOPへ戻る