青幻舎WEBマガジン
FOLK TOYs NIPPON にっぽんの郷土玩具 横田百合のオトンコレクション
9

#9 「琉球張子2」

前回に続いてです。

オトンのコレクションの琉球張子の中には、古倉保文さんの他にもう1人、
豊永盛人さんのものがいくつかあります。

豊永盛人さんは古典的な琉球張子の復元などもされるほか、
とても独創的でおもしろい自由な発想の創作玩具もたくさん作ってらっしゃいます。

干支の張子

琉球張子 干支の張子 酉 申

左から 酉 とり / 申 さる
古くから伝わるものを復元されたもの。

琉球張子 干支の張子 巳 子 未

左から 巳 へび / 子 ねずみ / 未 ひつじ
干支のものでも半分は現存する資料が無く、
豊永さんが創作でつくられた干支のもの。
琉球張子が大きく影響を受けたであろう中国の玩具、
特に布で出来た玩具などを研究されたそうです。

琉球張子 卯 うさぎ






卯 うさぎ
古典の卯の張子+豊永エッセンス!鯛や鯉の上に子供が乗っていたりするのは郷土玩具では縁起ものとしてよく見られるのですが、うさぎは珍しい。
そしてその子どもの頭の上には雀が乗っています。






ミルク神
「ミルク」は「弥勒」が沖縄の言葉に変化したもの。
海の向こうからやってきて五穀豊穣、幸福をもたらす神さま。

琉球張子 ミルク神

琉球張子 チンチン馬小 熊金 玉乗りうさぎ

左から チンチン馬小 / 熊金 / 玉乗りうさぎ
古典的な題材のものも、小さくかわいらしくて、
どこか独特の雰囲気がただいよいます。

琉球張子 ケンタウルス



ケンタウルス
そしてこれ!!
思わず笑ってしまいます。

ユッカヌヒーの玩具市で、子ども達の健やかな成長を願い生まれた琉球張子。
今ではユッカヌヒーはもう無くなり、郷土玩具は子どもが実際に遊ぶものとゆうよりは、おとなが眺めて楽しむものとなりました。
ですが、色彩豊かでさまざまな種類、自由な雰囲気の漂う沖縄の張子を見ていると、ユッカヌヒーの子どもになったような、ドキドキわくわく楽しい気分がわいてくるようです。

プロフール

横田百合のオトン

横田百合のオトン

昭和2年生まれの現在86歳。
奈良県在住。
30代で郷土玩具の魅力に目覚める。現地を旅したり、物産展に足繁く通ったり、日本郷土玩具の会に入ったりしながら、マイペースながらも集めた数は700点あまり。

横田百合

実家でオトンと二人で暮らすなか、40代で郷土玩具に目覚める。instagram(@yuriplus)にオトンの郷土玩具コレクションをオトンコレクションとして約1年、ほぼ毎日2点のペースで投稿。大阪玉造バンコにて2012年オトンコレクション「こけし展」、2013年オトンコレクション「はりこ展」を開催。2014年京都マヤルカ古書店にてオトンコレクション「写真展」を開催。大阪こけし教室会員。

RECOMMEND

kokeshi book 伝統こけしのデザイン

この本の詳細を見る>

DARUMA BOOK だるまのデザイン

この本の詳細を見る>

↑TOPへ戻る