青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing

青幻舎

  1. instagram
  2. twitter
  1. JP
  2. EN

染と織の文様

定価:
1,320円(本体1,200円)
判型:
B6
総頁:
256頁
ISBN:
978-4-86152-060-0 C2072

花鳥風月から物語まで華やかな染物と
錦、金蘭、緞子など様式的でリズミカルな織物。
江戸から大正にかけた色鮮やかな文様250点

桃山時代以降、辻が花(つじがはな)染、茶屋染、更紗など、さまざまな技法が生まれ、さらに江戸時代には友禅染をはじめとして、染織による文様表現は飛躍的な発展を遂げました。

白生地に染織し、自由に文様を作り出す染物は花鳥風月を中心に道具、動物、物語、風景など、自由闊達にして華やかな文様世界を創出したのです。

一方、タテ糸とヨコ糸を交互に組み合わせることで作られる織物は、錦、綾、羅、金襴、銀欄、緞子(どんす)など多彩な技法を生み、様式的でリズミカルな独特の文様を特徴とします。
中でもいきな縞ものや格子は人気を集め、有職(ゆうそく)文も格調高く受け継がれました。

本書には江戸から大正にかけての着物文様250点を集成し、日本の染織文化の粋を色鮮やかに繰り広げます。
『染織大鑑(木版多色刷・大正3年刊)』の新装復刻版。

解説:城一夫(共立女子大学教授)

[デザイン・工藝・建築] カテゴリの書籍

新刊

いっしょに家をつくりたい建築家38人

いっしょに家をつくりたい建築家38人
JIA(日本建築家協会)近畿支部 住宅部会
建築家カタログ委員会

重版

配色事典―大正・昭和の色彩ノート

配色事典―大正・昭和の色彩ノート
和田三造

重版

柚木沙弥郎の100年 創造の軌跡

柚木沙弥郎の100年 創造の軌跡

重版

配色事典 応用編―大正・昭和の色彩と商品デザイン

配色事典 応用編―大正・昭和の色彩と商品デザイン
和田三造
  1. instagram
  2. twitter