青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing

青幻舎

  1. instagram
  2. twitter
  1. JP
  2. EN

ヴィンテージ・ストライプ 世界のファブリック ストライプ編

定価:
1,320円(本体1,200円)
判型:
A6
総頁:
224頁
ISBN:
978-4-86152-157-7 C0072

中世ヨーロッパでは囚人の衣服に用いられるなど、ストライプは邪悪な模様とされていたのに対し、日本では、「粋」な模様として愛好されていました。1920年代のパリでは、シャネルが斬新なマリーン・ルックを発表し、マリーン・ストライプがカジュアルウェアとして人気を集め、1930年代のアメリカでは、メンズスーツに、ピン・ストライプやチョーク・ストライプが流行し、ボールド・ルックとして今日に至っています。本書では、おもにファッションマテリアルとして用いられた、約200点に及ぶヴィンテージの布を多彩に紹介しています。

解説:城一夫

関連書籍

[デザイン・工藝・建築] カテゴリの書籍

新刊

いっしょに家をつくりたい建築家38人

いっしょに家をつくりたい建築家38人
JIA(日本建築家協会)近畿支部 住宅部会
建築家カタログ委員会

重版

配色事典―大正・昭和の色彩ノート

配色事典―大正・昭和の色彩ノート
和田三造

重版

柚木沙弥郎の100年 創造の軌跡

柚木沙弥郎の100年 創造の軌跡

重版

配色事典 応用編―大正・昭和の色彩と商品デザイン

配色事典 応用編―大正・昭和の色彩と商品デザイン
和田三造
  1. instagram
  2. twitter