青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing

青幻舎

  1. instagram
  2. twitter
  1. JP
  2. EN

今和次郎 採集講義 Wajiro Kon Retrospective Wajiro Kon

著者:
兎本幸子, 長畑ゆか
定価:
2,750円(本体2,500円)※在庫切れ
判型:
A5判
総頁:
280頁
製本:
並製
ISBN:
978-4-86152-322-9 C0052

This book introduces the achievements of Wajiro KON (1888-1973) as a pioneer of "Kogengaku (Research Modernology)." After the Great Kanto Earthquake in 1923, "Kogengaku" started from recording the reconstruction of Tokyo. In the Showa era, the city environment of Tokyo and the lifestyles of people changed drastically and KON captured that change in detail. Though his genre of activity covered a broad range from research of private houses, residential design, interior design to dressmaking which contributed to girls education in the postwar period, there was always tender love to human beings and an eye for pursuing "life art." With an abundance of materials including his sketches of field works, the book question the meaning of "design."

---------------

関東大震災後、復興していく東京の記録から始まった「考現学」。
服飾・風俗・生活デザイン―和次郎の活動をいま考察する。

昭和初期、急速に大都市化していく東京の都市環境や、人々の生活の変化をつぶさにとらえた考現学の創始者、今和次郎の全貌を紹介。
民家研究、住宅設計、インテリア、戦後の女子教育に大きく寄与した服飾学・生活学など活動は多領域にわたりながらも、その根底には常に、人間への慈愛と 「生活芸術」を追求する眼差しがありました。
本書では、実地調査によるスケッチほか豊富な資料により、和次郎の研究活動を考察。
「デザイン」の本義を問い直します。

 

◆コラム
藤森照信(建築家、建築史家) 都築響一(編集者) 山田五郎(評論家)

 

 

ブックデザイン:菊地敦己

[デザイン・工藝・建築] カテゴリの書籍

  1. instagram
  2. twitter