青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing

青幻舎

  1. instagram
  2. twitter
  1. JP
  2. EN

柚木沙弥郎の100年 創造の軌跡

重版

定価:
2,750円(本体2,500円)
編著:
女子美術大学 柚木沙弥郎展実行委員会
判型:
A5
総頁:
224頁
製本:
並製
ISBN:
978-4-86152-901-6 C0072

染色家であり教育者でありアーティストであり表現者でもある。
現在も躍動を続けるその魅力に迫る。柚木沙弥郎、100歳の集大成。

染色家、工芸家、教育者、デザイナー、アーティスト、表現者としての柚木沙弥郎。そのマルチな顔(作家)と、各要素が融合されて生み出された表現(作品)と、女子美での創作の過程(教育)を構成された展覧会図録。柚木作品の特徴的なテーマを取り上げながら、人生100年に渡る多彩な生き方と制作、そして現在もさらに躍動を続けるその魅力に迫る。
1950年代から2000年代までの染色、型染、ガラス絵、装丁、2020年開業のエースホテル京都でのアートワーク、IDEEとの最新コラボ商品まで、柚木沙弥郎の約150作品を網羅する、集大成ともいえる一冊。

柚木沙弥郎(ゆのき・さみろう)
染色家。1922年東京生まれ。柳宗悦の「民藝」と芹沢銈介のカレンダーとの出会いから染色の道に進む。型染、染絵など多くの作品を制作しながら、女子美術大学で教鞭をとる。絵本や版画、立体作品にも取り組む。

[柚木沙弥郎の100年 創造の軌跡]の関連情報

[デザイン・工藝・建築] カテゴリの書籍

新刊

いっしょに家をつくりたい建築家38人

いっしょに家をつくりたい建築家38人
JIA(日本建築家協会)近畿支部 住宅部会
建築家カタログ委員会

重版

配色事典―大正・昭和の色彩ノート

配色事典―大正・昭和の色彩ノート
和田三造

重版

配色事典 応用編―大正・昭和の色彩と商品デザイン

配色事典 応用編―大正・昭和の色彩と商品デザイン
和田三造

重版

京都を歩けば「仁丹」にあたる

京都を歩けば「仁丹」にあたる町名看板の迷宮案内
樺山聡+京都仁丹樂會
  1. instagram
  2. twitter