Amazon.co.jp ウィジェット
文芸・評論(文芸・評論・随筆・ノンフィクション)

画廊と「日常」 塚本豊子

「現代美術は時代と合わせ鏡である」—高度経済成長期がピークに差し掛かった1985年、
当時としては珍しく東京の郊外・吉祥寺に一つの現代美術画廊「双ギャラリー」が誕生した。
それから25年余り、森村泰昌・多田正美・島州一・菅木志雄・吉澤美香・安斎重男らとともに
駆け抜けた80-90年代を画廊主が振り返る。
名をなした作家の若かりし日のエピソード、夜を明かして皆が語り合った当時の熱気・・
時間を経たいま、懐古ではなく貴重な証言として現代に新鮮な感覚を呼び起こす。

 

 

はじめに
第一章
日常と非日常/アートの現場から/アートは社会の中でいかに機能するか/双ギャラリーの道程/画廊の日常
第二章 グループ展
1985年—2000年
第三章 個展
島州一/多田正美/森村泰昌/菅木志雄/2005年・20周年
あとがき

画廊と「日常」
塚本豊子

□ 四六判
□ 総頁:296頁
□ 上製
□ ISBN 978-4-86152-325-0 C0095

定価:2,500円+消費税
アマゾンで購入する

↑TOPへ戻る