Amazon.co.jp ウィジェット
コンテンポラリーアート

FOCUS:アンディ・ウォーホル

20世紀を代表するメディアの寵児、ウォーホル。
イラストレーターとしてスタートを切った1950年代、
ポップ・スターに上りつめた60年代、肖像画家としての70年代を経て、
革新性と生産性を伴った最後の10年までを概観。
この比類なき天才の人生と作品群を振り返る。

世間はアンディ・ウォーホル(1928-1987)を「ポップの王」と呼んだ。
1960年代のアメリカ消費文化の象徴となった絵画の殿堂を築いた芸術家である。
ウォーホルが自らの作品で描き出したのは、第二次大戦後の急激な経済成長と
新しい政治権力により形づくられたアメリカの姿だった。
ウォーホルによる多数の雑貨、問題を抱えた有名人、死と惨劇を見ると、
消費文化の恩恵と、その安寧を脅かす潜在的な悲劇の両方を直視せずにはいられない。
ウォーホルはありふれたものを抜き出し、
それをアメリカ文化の象徴として我々に提示したのだ。(本文より)

著者:ジョゼフ・D・ケットナー2世

FOCUS:アンディ・ウォーホル

□ 判型:B5変
□ 総頁:145頁
□上製
□ ISBN 978-4-86152-431-8 C0071

定価:2,800円+消費税
アマゾンで購入する

↑TOPへ戻る