Amazon.co.jp ウィジェット
ビジュアル文庫

昭和ちびっこ怪奇画報

Illustrations of the Strange, Mysterious, and Bizarre for Kids of the Showa Era
Our Unknown Worlds of the 1960s-70s

70年代オカルトカルチャーを凝縮!
ビジュアル文庫「昭和ちびっこ」シリーズ最新刊

1960~70年代に巻き起こり、当時の子どもたちを熱狂させた「オカルト」ブーム。 宇宙人、超能力、ネッシー、ミイラ、キングコング、食人種、死後の世界…。 本書では、当時の児童向け雑誌、書籍に掲載された 小松崎茂、石原豪人をはじめとする人気イラスト作家が描いた「怪奇画」を収録。 あのころのドキドキ、ワクワクを当時のビジュアルそのままに再現します。

デザイン:坂本陽一(mots)

好評既刊
『昭和ちびっこ未来画報―ぼくらの21世紀』
『昭和ちびっこ広告手帳―オリンピックからアポロまで』
『昭和ちびっこ広告手帳2―大阪万博からアイドル黄金期まで』

—————

The occult fad of the 1960s-70s greatly excited children. This book is a collection of illustrations by Shigeru Komatsuzaki, Gojin Ishihara, Takashi Minamimura, and other master illustrators that appeared at that time in a variety of media for children on strange, mysterious, sand bizarre themes. The illustrations are presented in five categories: psychic, unexplored regions, grotesque, cold-blooded and savage, and hysteria and insanity. Such strange and bizarre illustrations were standard content in occult magazines of the period and greatly popular with boys and girls. Kids consumed the magazines in large quantity but threw them away after reading them, so most of the wonderful illustrations have continued to live only in their memories.

The strange, mysterious, and bizarre illustrations in this book are a legacy of rich imagination that brings back the excitement they inspired in a past age for readers to enjoy anew.

Illustrations of the Strange, Mysterious, and Bizarre for Kids of the Showa Era
Our Unknown Worlds of the 1960s-70s

□ format : 148×105×15mm
□ binding :softcover
□ page : 268 pages

Special online price:
1,200 yen (JPY)
Price with shipping included as follows:

Order Information
http://www.seigensha.com/order_overseas

*Payment may be made by Mastercard, Visa, American Express and JCB.

---------------

昭和ちびっこ怪奇画報

初見健一著
□ 判型:文庫判
□ 総頁:272頁
□ 並製
□ ISBN 978-4-86152-456-1 C2072

定価:1,200円+消費税
アマゾンで購入する

書 評

昭和ちびっこ怪奇画報―読売新聞8月25日付「よみうり堂」掲載

 オカルトブームに沸いた1960〜70年代、少年マンガ誌では心霊や超常現象をおどろおどろしく描く図解が定番だった。
初見健一『昭和ちびっこ奇怪画報』(青幻舎)は「少年マガジン」「少年キング」などから集めた怪奇イラスト集。小松崎茂らが筆を振るった地獄や怪物は、不気味さをレトロな味が。キングコングの「はり金の毛」は缶の穴あけに、忍者・風魔小太郎は狼男だったなどなど、絵に添えられた珍説に苦笑。純朴に信じた子供も今やいいおじさんだ。
(記事より)

↑TOPへ戻る