青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing

青幻舎

  1. instagram
  2. twitter
  1. JP
  2. EN

重版

新版 日本の文様 第一集刺繍図案に見る古典装飾のすべて

定価:
1,320円(本体1,200円)
編著:
紅会
判型:
文庫判
総頁:
256頁
製本:
並製
ISBN:
978-4-86152-073-0 C2072

四季折々の花鳥から唐草、洋風模様まで
伝統が培った装飾文様の数々
第一集では、丸紋・器物文などを収録

韓国や中国から渡来して以来、日本伝統の手仕事として優雅に育まれてきた繍(ぬいとり)の技。その伝統が培った図案の数々は、まさに装飾文様の粋といえます。

本書では、特徴的な「丸紋」「鶴文」や日用生活品をかたどった「器物文」など、テーマごとに収録。線描の文様は、格好のデザインソースとして幅広く活用できるものです。

伝統の繍技の解説と併せて新しい表現を探る、必携の図案集、新装版。また、つづく第二集では、日本の四季を彩る「植物」をテーマに図案を収録。本書と合わせてお楽しみください。

紅会(くれないかい)
千葉県九十九里浜に近い田園地帯にあり、野草や木々に囲まれた工房で主に紅会工房・国内外の会員に向けての刺繍図案を作成。紅会の「紅」は「燃える・壮(さかん)」を由来とし、「手は精神の出口—形は心の営みの現れである」という理念を大切に活動している。

関連書籍

[デザイン・工藝・建築] カテゴリの書籍

  1. instagram
  2. twitter