青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing

青幻舎

  1. instagram
  2. twitter
  1. JP
  2. EN

季節のない街 川口英人

著者:
川口英人
定価:
2,200円(本体2,000円)
判型:
A4変
総頁:
144頁
製本:
並製
ISBN:
978-4-86152-131-7 C0072

かつて炭都と呼ばれた、福岡県大牟田市。古いキャバレー、
極彩色に飾られたダンスホール、そこで働く異国の女たちとの交流は
著者自らの青春の日々でもあった。当時も今も在り続ける街の原光景。

●審査書評
九州という以前に、日本の地方都市の現状が、
かくもリアルに写された写真をぼくは他に見ない。
重くなく軽くなく、柔軟な視線に支えられた
素晴らしいドキュメンタリーである。
川口英人という一人の青年が、カメラでこだわった
数年間のフィルムの軌跡には、そこいらのプロなど一蹴する
情と熱があって、ぼくは久しぶりに、
写真本来が持つアマチュアリズムの力を思い知った。
森山大道・写真家

希です。不思議な世界です。
ここだけで宇宙です。日本は、アジアです。
百々俊二・写真家

日本というよりは、アジアのどこかの街をとらえたよう。
時間が真空パックされて止まってしまったような
地方都市の雰囲気がよく出ている。
飯沢耕太郎・写真評論家

[写真] カテゴリの書籍

  1. instagram
  2. twitter