青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing

青幻舎

  1. instagram
  2. twitter
  1. JP
  2. EN

私のためのポートレイト

4月刊行予定

定価:
4,400円(本体4,000円)
著者:
小野啓
アートディレクション:
鈴木成一
言語:
日英併記
判型:
B5変
総頁:
128頁
製本:
上製
ISBN:
978-4-86152-954-2 C0072

2002年から全国を回って撮影し続けた高校生のポートレートシリーズ、ついに完結!

本書は『青い光』(2006年)、『NEW TEXT』(2013年)から続くシリーズ三冊目の写真集となり、写真家 小野啓が2002年から続けてきた日本全国の高校生を被写体としたポートレートシリーズの集大成。
「自分自身を写真に残したい」と願う高校生からのコンタクトを受け、地域は問わず全国へ撮影に赴き、事前のやりとりで応募の動機や希望の場所をヒアリングし、彼ら彼女らからの想いを受け止めながら一枚の写真を形作る。
20年以上途切れなく続いた撮影も新型コロナウイルスのパンデミックによって中断を余儀なくされたが、コロナ禍を経験した高校生を撮影することに新たな意味を見出し、2022年に自粛が明けてからの約5ヶ月間に集中して撮影し、シリーズは完結した。
本書では前作以降の2013年12月から、コロナ禍を経験した高校生を撮影した2022年夏までの作品を収録。ポートレートを超えた時代の記録といえる一冊。

小野啓(おの・けい)
1977年京都府生まれ。2001年立命館大学経済学部卒業。2003年ビジュアルアーツ専門学校・大阪写真学科卒業。
2002年より日本全国の高校生の肖像を撮り続け、写真集『青い光』(2006年・ビジュアルアーツ、青幻舎)を経て、『NEW TEXT』(2013年・赤々舎)を発表。その他の写真集には『暗闇から手をのばせ』(2017年・silverbooks)、『男子部屋の記録』(2019年・玄光社)、『モール』(2022年・赤々舎)などがある。
『桐島、部活やめるってよ』(朝井リョウ)、『アンダスタンド・メイビー』(島本理生)など文芸書の装丁写真も数多く手がける。

[私のためのポートレイト]の関連情報

関連書籍

[写真] カテゴリの書籍

新刊

Mikiya Takimoto Works 1998-2023 プリント付限定特装版

Mikiya Takimoto Works 1998-2023 プリント付限定特装版
瀧本幹也

新刊

Mikiya Takimoto Works 1998-2023

Mikiya Takimoto Works 1998-2023
瀧本幹也

新刊

MAGNUM MAGNUM 増補改訂版

MAGNUM MAGNUM 増補改訂版

重版

ソール・ライター Saul Leiter The Centennial Retrospective

ソール・ライター Saul Leiter The Centennial Retrospective
ソール・ライター
マーギット・アーブ
マイケル・パリーロ
  1. instagram
  2. twitter