Amazon.co.jp ウィジェット
写真(国内・海外)

絹の夢 石内都

From Cocoons  Miyako Ishiuchi

In this book, internationally renowned photographer Miyako Ishiuchi presents vibrant, luminous images of the world of silk, evoking traces of the dreams of modern Japan. Shot on location in the city of Kiryu in Gunma Prefecture, the images in this volume depict meisen silk textiles, cocoons, and the many silk mills still in existence.
A masterful intertwining of the artist’s personal life story and the history of modern Japan.

—————

 「ひろしま」から始まった、あるひとつの絹の道。

石内都は、1979年、木村伊兵衛賞を受賞。
2005年には、母親の遺品を撮影した「Mother’s」がヴェネツィア・ビエンナーレで日本代表に選出されるなど、国内外で高い評価を獲得しています。
その後、広島の被爆資料のワンピースなどを撮った代表作「ひろしま」を発表。
制作過程で接した多くの絹織物からはじまった、絹産業へ、近代日本へ、それを支えた無数の女たちへ、そして写真家自身の故郷・桐生へと続く、あるひとつの絹の道。
本書は、今も残る多くの銘仙や繭、織物工場、製糸工場などの撮影を通して美しく光沢を放つ近代日本の夢の跡形としての「絹」を見事に表現しています。
石内の個人史と日本近現代史が鮮やかに交錯する、撮り下ろし最新作。

2012年10月開催、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館展覧会にあわせて刊行。


寄稿:沢辺満智子(養蚕研究者)、タカザワケンジ(文筆家)、蓑﨑昭子(桐生タイムス記者)
デザイン:中島英樹


展覧会情報
「石内都 絹の夢」展
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
2012年10月7日(日)‐2013年1月6日(日)
http://www.mimoca.org/ja/exhibitions/2012/10/07/378/

From Cocoons
Miyako Ishiuchi

□ format : 278×225×14mm
□ binding : softcover
□ page : 144 pages (color)
□ price : 3,800 yen (JPY)

---------------

絹の夢
石内都

□判型:A4判
□ 総頁:144頁


□ 並製

□ ISBN:978-4-86152-371-7

定価:4,180円(税込)
アマゾンで本を購入
楽天ブックスで本を購入

書 評

石内都『絹の夢』―読売新聞1月20日掲載

 人は故郷の写真に、愛情の埋み火に似た記憶を探す。写真家石内都が故郷の群馬・桐生でレンズ越しに見たものは、人肌を美しく彩り、優しく包み込む、絹だ。

 写真集は昨秋から今月6日まで、香川県の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で開かれた石内の個展の発表作品を収める。多くが美しい銘仙の柄を、絵画のように切り取る。写真家の意識は着物そのものより、鮮やかな色ツヤ、絹糸の織りに向けられていると感じさせる。

 1947年生まれ。ヒロシマの被爆資料を撮り、持ち主を失っても惨禍の記憶を永遠にとどめる衣類に胸打たれた。その思いは、戦時下の広島で女性が袖を通したであろう、ほつれたブラウスの写真にもにじむ。

 耽美的だが、繭が水中にたゆたう写真に、ふとサナギの死と銘仙の美を重ねてみた。頁を繰る度、記憶の断片が優しく語りかけてくる。(井)

石内都『絹の夢』―Pen11/15号掲載

作家自身の記憶と交差する、故郷・桐生で撮った「絹」。

 石内都がかつて広島で衣服を撮ったのは、ベネチア・ビエンナーレ日本館でも紹介された母の遺品を撮った作品、『Mother’s』を目にした編集者の依頼がきっかけだった。原爆の熱で焦げ、裂け、しみのついた手づくりのブラウスやワンピース……。
「広島で出会った絹織物は故郷の土地を呼びおこし、導かれるように桐生に向う」。今回の展覧会と同時期に出した作品集で、そう石内は書いている。
 石内都の名は、女性で初めて木村伊兵衛賞を受けた作家としても知られている。1978年の初作品集、古いアパートを撮った作品での受賞だった。当時30代だった彼女は、ほかに6歳の時に両親と移り住んだ横須賀の街や、旧赤線街を撮っている。
 80年代末、40代になった石内の目は身体に向かった。本人と同じ1947年生まれの女性や傷、母の身体など、時を刻んできた身体が被写体となった。そして『ひろしま』、今回の桐生へ。生と死と記憶と生命。再び、作品集に記された、言葉を引用しておこう。
「遠い日に聞いた蚕が桑を食べる音、蚕棚がびっしりと天井まである部屋の空気の匂い、赤黒い桑の実の甘ずっぱい香り、機械織機の規則正しい音のする小道、そんな土地に生まれたことを初めて意識する。そして銘仙というきもの」
 くず繭の糸を平織りした絹織物の銘仙は、安価であるものの、絵柄や色彩に特色があり、実に自由で華やかだ。桐生織塾に保管された銘仙を石内は撮っていった。繭や工場、鮮やかな着物に浮かび上がる絹織物の歴史や産業を支えた人々、銘仙を身に着けた多くの女性の生命。蚕が生んだ幻想的な繭からつくられる絹糸と近代日本の夢、鮮明な記憶。最新作『絹の夢』では、彼女自身の物語と記憶、女性たちの存在と近代日本の歴史とが、強く深く交差している。
(川上典李子 エディター/ジャーナリスト)

石内都『絹の夢』―アサヒカメラ2012年10月掲載

――石内都さんが「絹の夢」撮影について語られています

「絹」を撮りはじめたのは2010年のこと。何かに導かれるかのごとく、自然な形でこのテーマに行き着いた。

きっかけは、08年発表の前作「ひろしま」の制作過程にあった。原爆被爆者の遺品である衣服を撮影していると、

「ワンピースやスカートの生地が、ほとんど絹だったんですね。
それでふと、自分の生まれた桐生を思い出した。
織物工場から漏れる機械の音や、桑の葉の香りの記憶がよみがえってきました」


 6歳まで過ごした群馬県桐生市は、絹織物の一大産地だった。

 足繁く桐生へ赴き、リサーチや撮影を重ねた。知己を得て、現役で稼働する碓氷製糸工場を撮った〝くず繭〟と呼ばれる低質の生糸で作るきもの〝銘仙〟を収蔵する「桐生織塾」とも縁ができ、大量のきものを撮影した。

 …銘仙を慈しむ気持ちからか、写真は織物へぐっと寄り、なでるように布の表面を写し取る。光沢や手触りがはっきり感じられるディテールに見入れば、きものに染みついた記憶や、くぐり抜けてきた歴史が浮かび上がってくる気すらしてくる。

「実際、モノが語るようなことがある。少なくとも私には声が聞こえますよ。
思い込みといわれればそれまでですが、いつも対話のできるモノを被写体にしてきたつもりです。
今回の銘仙にしても、向き合っていると、〝撮りにきてくれるのを待っていた〟という声が私のもとには届いてくる」


今作のタイトルは「絹の夢」とした。絹織物と向き合い、その中にしまい込まれた夢を読み解くような作業が、一枚ずつの写真となって結実している。
(聞き手:山内宏康)

↑TOPへ戻る