Amazon.co.jp ウィジェット
ちいさな美術館

富岡鉄斎 ―ちいさな美術館

幕末から明治大正期に活躍した富岡鉄斎は
我が国最後の文人画の巨匠と謳われています。
京都の商家に生まれた鉄斎ははじめ学問の道を志し
画は文人の嗜みとして10代後半から学びました。
この頃大田垣蓮月(おおたがきれんげつ)の薫陶を受け
それは人格形成に影響を及ぼしました。
維新後は念願の神職につき荒廃した神社の復興に尽くしています。
大阪堺の大鳥神社大宮司を最後に46歳で京都に帰り
89歳で亡くなるまで書画の制作に専念し晩年には帝室技芸員
帝国美術院会員に任命され最高の栄誉に耀きました。
鉄斎は「自分の画には師承はないすべて盗み描きだ」と言い
和漢のあらゆる流派を研究し独学で画を学び
「万巻の書を読み万里の路を行く」という文人の理想を
実践して得た該博な知識により独自の画風を展開しました。
多彩な画題と多様な画風豊潤な墨色とあふれる色彩は
鉄斎芸術の大きな魅力となっています。

森藤光宣(鉄斎美術館館長)-序文より抜粋-

富岡鉄斎
―ちいさな美術館

□ 判型:A6判
□ 32葉
□ ポストカードブック
□ ISBN 978-4-86152-206-2 C0071

定価:1,200円+消費税
アマゾンで購入する

↑TOPへ戻る