Amazon.co.jp ウィジェット
ちいさな美術館

ターナー ―ちいさな美術館

ターナーの絵画は、ロイヤル・アカデミー展において、衆人環視の的となって出展作品の最後の仕上げを行ったように、パフォーマンスの芸術でもあった。ターナーは、17世紀の巨匠クロード・ロランの作品のあいだに掛けることを条件に、≪カルタゴを建設するディド≫と≪霧のなかをのぼる太陽≫をナショナル・ギャラリーに遺贈した。
画家の希望が実現し、両作品がヨーロッパ大陸の名画が並ぶロンドンのナショナル・ギャラリーでクロードの作品と並べて展示されているのを見ると、ターナーの76年の生涯は、それ自体、芸術的行為だったのだと思われてくる(イギリス美術を扱う国立美術館はテート・ブリテンで、ターナーの遺贈作品のほとんどは同館にある)。しかし、このようなターナーの行為は、自己目的化したパフォーマンスではなかった。見事なパフォーマンスを可能にしたのは、長年の制作を通じて身につけた驚異的な絵画技法と、画家としての才能、判断力であった。

藤田治彦(大阪大学大学院文学研究科教授)-序文より抜粋-

 

ターナー ―ちいさな美術館

□判型:A6判
□ 32葉
□ ポストカードブック

□ ISBN:978-4-86152-414-1 C0071

定価:1,200円+消費税
アマゾンで購入する

↑TOPへ戻る